1億円超するスイスの高級腕時計、その凄さとは?

どんなひとが買うのでしょうか?

Android WearやApple Watchをはじめとするウェアラブル端末が、腕時計市場に少しずつ影響を及ぼすかと見守られるこの時代、スイスで型破りな高級腕時計が誕生。ドミニク・ルノー「DR01 Twelve First」は、ビザール(フランス語で奇妙、突飛の意味)なデザインながら、伝統的な機能性を改良した特徴を持つようです。

1億円超するスイスの高級腕時計、その凄さとは?  1

デザイナーは、時計職人として有名なドミニク・ルノー氏。世界3大高級時計メーカーのひとつ、オーデマ・ピゲの傘下にあるルノー・エ・パピ(Renaud & Papi)の恊働創業者です。そんなルノー氏ですが、じつはこれまで退職されていて、このDR01 Twelve Firstを世に産み出すために今回復帰したのだとか。

ルノー・エ・パピが専門とするのは、複雑時計の開発。上の画像のうち、特に中央にあるサファイアガラスの円柱が複雑な機構を内蔵しているのがわかります。この内部構造の動きは、直訳すると実験的回転式・(時計の歯車の)脱進機という意味の“experimental rotary escapement” とよばれる新種のムーブメントを特徴とするのだそう。

多くの人が日常で用いる一般的な腕時計よりは、見た目も構造もどこか機械的な印象。この新種のムーブメントが、どのような仕組みになっているか図解されている上記の動画や、高級時計好きのひとには詳しく解説(英語)もあります。ただ一言でその特徴を表すならば、この構造は、摩擦を軽減してはるかに正確な秒針を刻むようにできているのだそうですよ。

1億円超するスイスの高級腕時計、その凄さとは?  2

ここまでで、高級時計メーカーの有名な職人さんが手掛けたことは分かりました。でもこのドミニク・ルノーDR01 Twelve Firstのどこが最も突飛なのかといえば、その価格。

ずばり100万スイスフラン(日本円にして約1億1500万円也)にて、限定12台の製造販売が予定されているそうです。もはや、大金持ちであることは最低条件で、さらに時間の正確さに厳しいひとが手にしたい......そんな1品かもしれないですね。

1億円超するスイスの高級腕時計、その凄さとは?  3

source: aBlogtoWatch

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)