クスクスde実験!散らばった粒体を魔法のように整列させる音の科学

トップ画像を見て、"あること"に気付いた人は、さすがです。

金属板の上に散らばった無数のクスクス。バイオリンの弦を使って音を鳴らし、ちいさな粒状のクスクスを見事に整列させるのはSteve Mould氏です。

さて冒頭の"あること"というのは、科学や物理学に詳しいひとぞ知る、このクスクスの並び方。じつはこの整列方法、偶然によるものなどではなく、クラドニ図形とよばれる模様なのです。金属板の上に散らばったクスクスは、Steve氏が鳴らした音から伝導した強い振動に影響を受けたことで、科学的に板上を移動したのでした。

ちなみに音の高低によって図形のかたちも変わるのでお見逃しなく。

Andrew Liszewski - Sploid Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)