YouTubeでぼかしを入れる方法

アップしたい動画なのに顔出さないで欲しい友達もいるので、便利かも!

YouTubeで動画をアップするときに、動画の編集ができる機能がついているって知ってました? 最近追加された機能で、顔やナンバープレートなど見せたくないものにぼかしを入れられるようになりました。最近は個人情報とか色々厳しいので、世界中に公開する動画であっても、これで自分も他の人も守れますね。

ぼかし効果機能はデスクトップで編集する時のみに使用可能なオプション機能です。編集したい動画を選び、魔法の杖みたいなアイコンの「動画加工ツール」をクリックします。

160314youtube2.jpg

ぼかし効果」タブを開くと「カスタムぼかし」っていうのがあります。「編集」をクリックすると、編集のポップアップ画面が開きます。ぼかしを入れたい部分をドラッグして選択すると、赤い枠が出てきてその部分にぼかしが入ります。右下の虫眼鏡をクリックすると拡大もできるので、細かい部分にもぼかしを入れることができます。

一旦ぼかしを入れ終わったら、そのぼかしを入れておく長さも設定できます。デフォルトでYouTubeができるだけぼかしを入れたものを追いかけて入れ続けてはくれるみたいですが、「ロック解除」をクリックするとぼかしが解除されます。ハイ、これでぼかしの入れ方バッチリですね!

David Nield - Gizmodo US[原文

(リョウコ)