時間を教えてくれないけど、玉転がしゲームならできる迷路時計

2016.03.26 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160315maze.jpg


時計なのに、時間を読めないという矛盾。

この斬新な腕時計を発表したのは、スイスの高級腕時計メーカー、オートランス。PlaygroundコレクションのLabyrinthはその名のとおり、文字盤が迷路になっている腕時計(のようなもの)。

玉転がしゲームのボードとなった文字盤上を転がるのは18金製のボール。ゴールに入って時計の内部に落ちてしまったボールを出すには、クラウンを引くという仕組みで、ゴールとは別の穴から出てきます。


160315maze2.jpg


「クラウンが玉出しに使われるなら、ゼンマイを巻くにはどうすればいいの? 」と疑問に思われるかもしれませんが、Labyrinthは時計のメカニズムを搭載していないのでそれは愚問というもの。「えっ、じゃあ約1万2,000ドルもするのに、できることと言ったら玉転がしゲームだけで時計としての機能はないの? 」それも愚問というもの…かもしれません。



160315maze3.jpg


もはや腕時計と言ってよいのかわかりませんが、腕時計メーカーが発売していることだけは確かです。


Source: Hautlence via aBlogtoWatch

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア