科学者:ルビーをレンチンしたら綺麗になった!

科学者:ルビーをレンチンしたら綺麗になった!  1

「玉石混交」なんていう言葉もありますが、一概に「宝石」といってもその質はさまざま。ルビーだって、モノによっては透明で美しいものの、くすんで傷だらけで、古い血みたいな色のやつだってあります。そんな質の悪い宝石をマイクロ波で綺麗に変えちゃう方法を、科学者たちが発見しました。

これは人々が技術の力で宝石の質を高めようとした最初の例ではありません。レーザー処理や化学処理などは、結晶の輝きを増し、質を高めることで知られています。でも科学者たちが今回初めて使ってみたのはマイクロ波でした。CSIR-Institute of Minerals and Materials Technology in Indiaの研究者たちは電子レンジでルビーの質を改善しちゃったのです。

とはいっても家にあるような普通の電子レンジでやったわけではありません。使われたのは工業用の電子レンジ、もしくは「マイクロ波炉」と言ったほうがいいかもしれません。これでルビーを1500℃にまで熱しました。科学者たちは具体的に何が起きたのかはわからないとのことですが、とにかくルビーの色はより明るくなり、より光沢も帯びて綺麗になりました。研究者たちは熱が酸化アルミニウムの構造を変化させたのだろうとみています。酸化アルミニウムはルビーの主成分で、そこにクロム、鉄、チタンが赤い色を与えています。

今回のルビーのレンチンは、ルビーの見た目を綺麗にすることができた、というだけには終わりません。ルビーはレーザーやメーザー(マイクロ波レーザー)などによく使用され、ダイヤモンドにはかなわないもののもっとも固い宝石のひとつとして人気です。装飾以外の面でもルビーのレンチンが役立つかもしれませんよ。でもみなさん、くれぐれもご家庭の電子レンジで試さないでくださいね!

image by Shubhashree Swain / Applied Physics A

source: Applied Physics A, Springer

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文

(abcxyz)