もう何を信じていいか分からない。リアルタイムに実写ビデオの表情を変える技術(動画あり)

2016.03.22 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こうなったらビデオって証拠として使えるの...?

Face2Face:リアルタイムの表情キャプチャーとRGBビデオでの再現」と題されたこちらのプロジェクト、ちょっとかなり驚きの技術なんです。

発表された論文によると、彼らはコンピューターを使って、すでに撮られた実写の映像をフレームごとに分析し、再生しながらそれを変形させることに成功したそうです。

上のGIF画像を見てもらうと分かるかと思います。

左側のスクリーンに写ってるのはブッシュ前大統領ですね。彼の横に座っている研究メンバーが表情を変えると、モーションキャプチャーがそれを読み取り、なんと左側のスクリーンに写っているブッシュ前大統領の表情を同じように変えてしまうんです。動画はその間も再生されているので圧倒的なナチュラルさ! ちょっと不気味なくらいです。

こちら研究チームによるビデオをご覧下さい。



ビデオの中で「Target Actor」と書かれているのが元々の映像ですね。左上の研究者の表情を読み取って変化させたものが「Reenactment Result」と書かれている映像です。

ちょっと...この技術怖くないですか?

録画された映像さえあれば、本人の協力は一切いらないわけです。映像が手に入ればどんな有名人でも表情をコントロールできるわけですよね。自分が知らないところで変な映像が作られて出回ったり...うーん。開発されたばっかりの技術なので心配しすぎかもしれません。

しかしフォトショップが普及して、もはやどの写真が本物か信じられなくなってしまったように、動画ですら本人かどうか信じられなくなる時代が来るのでしょうか。


source: Face2Face: Real-time Face Capture and Reenactment of RGB Videos (CVPR 2016 Oral) via YouTube

Andrew Liptak - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コンピューター&テクノロジー解体新書 ビジュアル版
  • ロン・ホワイト,Ron White|SBクリエイティブ
  • テクノロジーが雇用の75%を奪う
  • マーティン・フォード|朝日新聞出版
・関連メディア