「トロン: レガシー」のデザイナーが手がけたRoboraceの自動運転レーシングカー

「トロン: レガシー」のデザイナーが手がけたRoboraceの自動運転レーシングカー 1

なにこのサイバーフォーミュラ

F1などを主催する国際自動車連盟(FIA)が新たにはじめようとしている、人工知能(AI)による自動運転車だけが参戦できる新時代のレースカテゴリー「Roborace(ロボレース)」。開催時期や参加チームはいまだ明らかになっていませんが、そのレーシングカーが公開されました。これはカッコイイし、なんといっても強そう!

デザイナーはダニエル・サイモン。そうです。「トロン: レガシー」のコンセプトデザインを手がけた彼です。彼は他にも「オブリビオン」や「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の乗り物もデザインしていますし、ロータスのモーターサイクルや、ブガッティランボルギーニといった実車のプロジェクトにも関わっています。

コックピットがないことから地を這うようなローフォルムに。現在のところワンメイクレースで10チームが参加する予定ですから、10台のコイツが競い合うんですね。

AIと車両コントロールのアルゴリズムで勝敗が決まりそうなRoborace。どんな企業が参加するのでしょうか。アップルとグーグルとテスラがサイドバイサイドでコーナーに飛び込むシーンとか見られるのでしょうか。

source: Roboraceダニエル・サイモン

(武者良太)