ロッキード・マーティン社が作った巨大サウンドシステム、音楽を聞くためではなくて…

2016.03.08 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160307lockheedmartinwralab.jpg


ロッキード社ですから、やはり宇宙関連の何か。

画像を見れば、このサウンドシステムがどれだけ巨大かわかるでしょう。ドームコンサートにも十分だろうこのシステム、残念ながら音楽とは無縁の仕事をします。これがあるのは、ロッキード・マーティン社のWaterton Reverberant Acoustic研究所。幾重にも重なるスピーカーは、150デシベルもの音を発することができます。150デシベルなんてとんでもない大きさです。耳元で銃を発砲するレベル、またはジェットエンジン最出力を30mほどの距離で聞くようなものです。

コンサートするわけでもなく、そんな大きな音を出すスピーカーで何するのかといいますと…、再現するのです、ロケット打ち上げの音を。遊びで再現するわけではありません。打ち上げ時の爆音を再現することで、その振動に機体が耐えうるかどうかをテストするためのものです。超巨大スピーカーシステムですが、移動可能。


160307lockheedmartinwralab01.jpg


160307lockheedmartinwralab02.jpg


いろんなテストがあるもんですね。


image by Dusty Volkel/Lockheed Martin/NASA

Attila Nagy - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 下町ロケット -ディレクターズカット版- DVD-BOX
  • TCエンタテインメント
  • ロケットの科学 日本が誇るH-IIAからソユーズ、アリアン、長征など世界のロケットを完全網羅 (サイエンス・アイ新書)
  • 谷合 稔|ソフトバンククリエイティブ
・関連メディア