西武鉄道が2018年に投入する特急車両のイメージが斬新すぎると話題に

西武鉄道が2018年に投入する特急車両のイメージが斬新すぎると話題に 1

実現できたら、話題になること間違いなし。

西武鉄道は「ニューレッドアロー」以来、25年ぶりに特急列車の新造をすると発表し、次の100年に向けたフラッグシップトレインとして2018年に投入予定とのことです。同時に公開された新型特急のイメージがこれまでの常識を覆すデザインになっており話題になってます。

デザインと手がけたのは、世界的な建築家である妹島和世氏が担当し、「いままでに見たことのない新しい特急車両を」ということでお話をいただいたそうです。特急のデザインは初めてとのことですが、風景に溶け込み、やわらかくみんながくつろげるリビングルームのような車両を目指しているようです。

それがそのまんまコンセプトになっているわけですが、イメージは外装だけになっており、内装のリビング感がどのように表現されてくるのかはわかりませんが、外装の風景との溶け込み方を踏まえると、内装にも期待値が高まります。

それにしても、外装のイメージは斬新といいますか、風景に溶け込むというよりは、風景そのもののようにも感じ、まさに光学迷彩をまとった車両のようにも見えます。

自然豊かな場所では緑が反射し、都会では建物が反射し、人の多い場所では人も反射し、なんやら距離感がつかめなくなりそうで恐ろしい感じもしますが、ぜひここから変に修正することなく実現できることを切に願っております。

source: 西武鉄道ニュースリリース

(okeyuhi)