君は耐えられるか?! シックス・フラッグスの強烈ジェットコースター+VR体験!

そうでなくたって恐怖のマシンが更に凶悪に!

北米全土に多数存在するアメリカの遊園地「シックス・フラッグス」はアトラクションの大半が絶叫マシンで構成されており、スリルを求める人たちが連日足を運びます。その乗り物の数々は正直、現実世界でも十分に怖いわけです。なのに、そこになんでもありの仮想現実を付与したら、どんな恐怖体験になってしまうのでしょうか? サムソンは色々とやりすぎることで有名ですが、なんとシックス・フラッグスとタッグを組み、北米全土のジェットコースターにGear VRをつけることで、恐怖の拷問マシンに変えようとしているのです。

君は耐えられるか?! シックス・フラッグスの強烈ジェットコースター+VR体験!  1

上の画像は、シックスフラッグスとサムソンによってNew RevolutionSuperman VRと名付けられたジェットコースターです。スマホを頭に縛り付けるだけで、平凡で退屈な絶叫ジェットコースターが、エイリアンとドッグファイトする戦闘機に変わったり、スーパーマンになってレックス・ルーサーと戦う素敵な体験になるのでしょう。多分。

これらのアトラクションは、シーズンパスの所持者には早ければ3月10日から公開され、アーリントン、アトランタ、ロサンゼルス、セントルイス、レイク・ジョージ、モントリオール、サン・アントニア、アガワム(マサチューセッツ)、そしてアッパー・マルボロ(メリーランド)の9カ所のシックスフラッグスで体験可能になります。

仕組みに関しては、情報が未だに曖昧です。例えば、どうやって顔から外れないように固定するのか? とか、誰かが吐いてそれがかかったらサムソンを訴えていいのか? などが1番気になるところです。ありがたいことに、VRの装着は義務ではないそうなので、VRはちょっと…と思う方は、普通のアトラクションとして楽しむ事も可能です。

今でこそ有名ですが、VRは視覚と聴覚を通して人を恐怖に陥れる力があるわけで、それに加えてリアルで十分に怖い乗り物に乗せられたら、一体どうなってしまうんでしょうか? これも相当なものですが、きっとその比ではないんでしょうね…。乗ってみたいけど、うーん…。

source: Samsung

Darren Orf - Gizmodo US [原文]

(scheme_a)