人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク

人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク 1

イッちゃってます(ほめことば)。

ただただスゲー、という言葉しか浮かんできません。ダッヂ・トマホークのような4輪レイアウト、ワイドなバーハン、そしてなによりもマセラティのV8エンジンがどーん。これ、暖気中もヘッドからくる熱気にやられそう。

こんなにもイカした、そしてイカれたバイクを作ったのはフランスのルドヴィク・ラザレス。今までにも様々な2輪、3輪、4輪のカスタムを手がけています。

人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク 2

レンジローバーのV8を積んだミニ。

人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク 3

同じくレンジローバーのV8を使ったトゥインゴ。

人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク 4

そしてBMWのV12を使ったオリジナルのWazuma。

いやあ、濃い。濃すぎる。

この「LM847」のスペックは470馬力/400kg。パワーウェイトレシオは0.85kg/hp。ルックスといいスペックといい、バットマンにそのまま出演してもおかしくないデキといえましょう。

人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク 5

ハンドルが広く、遠いので、小柄な人だと寝そべるようなポジションになりそう。

人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク 6

芸術的なエキマニ。シートカウルはドゥカティのパニガーレのものでしょうか。

人間工学とか何も考えてなさそうなV8エンジン4輪バイク 7

すべての要素が男子的。現代美術としても通用しそうですよね。

source: Ludovic Lazereth

(武者良太)