日本製トンネル掘削機バーサちゃん、シアトルの地下に堀削中のトンネルがバカでかい

2016.03.24 18:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160322matchcakefire - 1.jpg


シアトルを走る州道99号線。以前は地上にThe Alaskan Way Viaductという高架橋によって支えられたセクションがありました。1950年代に作られたこの建築物が老朽化していたため、現在は地下を通る巨大トンネルを建造しています。

この写真は建造中のトンネル内部を写したもの。真ん中にオレンジ色の人影が見えますか?

160322matchcakefire - 2.jpg

ズームインしてみるとよく分かります。作業員がこれだけ小さく見えるということは、トンネルの大きさは相当なはず。このトンネル内には二層式の道路が作られることになっています。トンネルの中が2階建てになるということですが...それも納得のスケールです。

シアトルのダウンタウン地下を走るこのトンネル、日立造船が作った世界最大のトンネル掘削機「バーサ」が使われるということで日本でも少し話題になりましたよね。バーサちゃんの直径は18メートル弱とのこと。うーんこの中に5階建のビルが入るくらいの大きさかぁ...。

バーサちゃんの公式Twitterアカウントまで作ってもらっており、シアトルの人たちに愛されているようでなによりですね。


Image by Washington State Dept of Transportation via flickr
source: Washington State Dept of Transportation

Attila Nagy - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア