発想の転換。「地球を観察するならどこからするか」からエイリアンを探すのはどうか

2016.03.18 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160316abel1689.jpg


問:エイリアンを見つけるためにはどこを探せば良いか。

これだけテクノロジーが発達して、遠くの星まで行けるようになったのにまだエイリアン見つかってないですよね。分かります、ガッカリです。

しかも私みたいな夢見る夢子ちゃんはバクテリアとかバクテリアの化石みたいなのじゃなくて、宇宙に潜む巨大建造物から地球を覗いているインテリなエイリアンを期待してるわけです。そんなエイリアン、いつになったら出会えるのかななんて思っていたら面白いエイリアンの探し方が提案されました。

ドイツのマックスプランク太陽系研究所の天体物理学車であるRené HellerさんとPudritz Ralphさんはちょっと発想を変えたエイリアンの見つけ方を科学誌Astrobiologyで詳細に説明しています。



過去数年間に、天文学者たちは何千もの惑星や惑星候補を、ホストとなる星の前を惑星が定期的に通過する様子を観察することで見つけてきました。

関連する方法として、トランジット・スペクトロスコピーと呼ばれるものがあります。この方法を使うことで太陽系外惑星の大気における生命の化学的な跡を研究することが可能になるかもしれません。

ここでは、私達は同じ質問を私達に向けたいと思います、それはどこからなら太陽系外の観察者は似た方法を使って地球を探知することができるのかというものです。


おおーなるほど。つまり私達が太陽系外のエイリアンを探そうとしているのであれば、同じ方法を使って「太陽系外から地球を観察しようとしたらどこにいる必要があるか」を考えてみると良いのではないか、ということですね。そこから外れているところにいる星からは、少なくとも地球人が使おうとしている手法では地球を探知することが出来ないわけです。た、確かに。

地球が太陽の前を通過しているのを観察できる場所にエイリアンがいたとしたら、彼らはすでに我々を見つけている可能性があるとHellerさんとPudritzさんは言っています。もしそうならば、シグナルを送っているかもしれないと。

この可能性を探るのであれば地球が太陽の前を通過しているのを観られる範囲に絞ることができますよねとのこと。この範囲にはだいたい10万ほどしか可能性のある星はないそうです。

10万だけ!

そうですよ、天の川銀河の中に何千億の星があることを考えるとたいしたことないです。

もちろん、そもそも知的生命体を探すのに大金を使う意味はあるのか、とか、知的である可能性は、我々よりテクノロジーが進んでいる可能性は、とか色々な議論が浮かんでくるわけですが発想としてロジカルかつロマンチックだと思いませんか?

あの人が私のことを見ているとしたら、私を見られる場所で彼を探せば見つかるかもしれない...

ちょ、ちょっとロマンチックというか複雑な関係に聞こえますね。


Image by Wikimedia
source: Astrobiology via Motherboard

Maddie Stone - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア