優勝は15歳少年。ドバイで開催されたドローン世界大会の映像を、ドローン視点で

2016.03.16 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160316worlddroneprix15.jpg


PR効果は抜群だったのではないでしょうか。

先週末、中東ドバイにて行われたドローンによる初の世界大会ワールド・ドローン・プリ」。この大会で、見事優勝賞金25万ドル(約2800万円)を手にしたのが、15歳のイギリス人少年ということでも話題となりました。

ドバイの高層ビル群を背景に、鮮やかに輝くコースを12周するタイムを競った決勝戦。まるでF1レーサーのような出で立ちのパイロットたちは、VRヘッドセットを覗き込みながら、手元のコントローラーを操作しています

その際の映像がこちら。ちょっと目が回りそうにもなりますが、迫力のあるドローン視点の映像をお楽しみください。



次回が、2017年12月に開催されることもすでに決定しているこちらの大会。第2回では、通常のレースに加え、ロボットによる水泳、ランニング、レスリングなども行なわれる可能性があるとのことですよ。


image by Lukas Gojda / Shutterstock.com

source: AP

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(渡邊徹則)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア