あなたの知識で世界を囃さない?精鋭ライター集団「WRITES」が経験問わず仲間を募集中!

    あなたの知識で世界を囃さない?精鋭ライター集団「WRITES」が経験問わず仲間を募集中! 1

    ギズモードを運営するメディアジーンのグループ会社インフォバーンが運営するクリエイティブ集団「WRITES(ライツ)」が、「オウンドメディア」「コンテンツマーケティング」のベースとなるコンテンツ制作を行っていただけるライター・編集者を募集中です。

    すでにライター・編集者としてご活躍されている方はもちろん、

    ・専門領域、得意領域をお持ちでライター・編集者に興味のある方

    ・ライターをめざしている学生の方

    ・育児や家事の空き時間を使って、在宅ライターをご検討されている方

    など、さまざまなキャリアやご経験を持った方々を募集しています!

    下記要項をご確認いただき、WRITESよりご応募ください。

    ─────────────────

    インフォバーン・メディアジーン共催

    編集者募集キャンペーン要項

    ─────────────────

    1 目的

    本キャンペーンによって、インフォバーン・メディアジーンのお仕事にご協力いただける編集者・ライターの方を募集いたします。優良な企画書、ご実績をお送りいただけた方には、お仕事の打診をさせていただきます。

    2 実施日時

    募集期間:2016年2月29日(月)〜同3月15日(月)

    3 応募条件

    ・各課題に対して、企画書をご応募いただける方。

    ・Word・Excel・PowerPointが使用できる方。

    ・インターネットでのメール環境がある方。

    4 キャンペーンの流れ

    (2) 応募フォームより、お名前やご連絡先メールアドレスなどを登録してください。

    (2) ご登録いただいた後に、企画書を送付するアドレスをお知らせいたしますので、登録した氏名と選んだ課題を記入した企画書(PowerPointファイル)を添付のうえメール送付してください。

    (3) 企画書を審査させていただき、掲載基準を満たした企画書を提出いただいた方には、インフォバーンの担当者よりご連絡をいたします。

    ※ご連絡は、掲載基準を満たした企画書を提出いただいた方にのみさせていただきますのでご了承ください。

    ※審査に関するお問い合わせにはお答えできないことがございます。

    ※審査を通過した方には、その後の手続きを別途ご説明いたします。

    5 注意事項

    ・本キャンペーンでご登録いただいた情報、ならびに企画書はインフォバーン・メディアジーンで共有します。

    ・応募フォーム登録時は、WRITESにご登録していただく形になります。

    ・インフォバーンとメディアジーンでのお仕事が同時に発生した場合は、別会社となるため、それぞれに業務委託契約書を締結していただきます。

    6 課題

    下記課題のご提出をお願いします

    ・下記3つよりひとつ以上お選びいただき、企画書をお送りください。

    ・PowerPoint(バージョンは問いません)にてご応募ください。

    ・ご応募いただく数は問いませんが、1企画1枚にまとめてください。

    A)女性の美容に関するメディアの企画

    「2016年、春夏に向けてみんなに試してほしい美容法」

    【ターゲット】30代前後の美容に関心のある女性層

    【守ってほしいこと】スピリチュアル的なものではなく、ある程度理論を提唱している人がいたり、実践したりしている人がいて、エビデンスを取りやすい美容法が好ましいです。

    B)男性向けおもしろグルメメディアの企画

    「30代男性が●●デビューをするのにふさわしい店とその心得」

    【ターゲット】外食に不慣れなIT系30代男性

    【守ってほしいこと】心得の概要を記載し、実在の店を取材先に挙げてください。寿司カウンターデビューなどではない、フツーではないものをお願いします。「いままで思いつかなかったけども聞いたら行きたくなるもの」を基準にしてください。

    C)生活消費財系(日用品)ブランドサイトの企画

    「新生活をはじめる新社会人に向けた一人暮らしのハウツー情報」

    【ターゲット】一人暮らしをはじめる予定の新社会人

    【守ってほしいこと】どの会社の生活消費財商品でもけっこうです。なにか一つ以上商品をからめてターゲットに役に立つ情報を提供する企画を立ててください。他のメディアで取り上げてないようなハウツーや切り口を希望します。

    source: WRITES

    (ロバーツ町田)