驚異の時速1018km! 磁気浮上式鉄道で世界記録を更新

やがて来るって言われつつ、なかなか来ない未来の1つ。

夢の超高速移動手段、リニアモーターカー。磁石の力を使って走ることはご存知の方も多いかと思いますが、その磁気浮上式鉄道において、最高時速の世界記録が更新されました。

そのスピードは、なんと時速約1018km! 単純計算ながら、東京大阪間を30分で結ぶ恐るべきスピードです。

実験が行なわれたのは、アメリカはニューメキシコ州にある、ホローマン・エアー・フォース・ベースという空軍基地。磁石の力によって車体を浮かせ、摩擦を減らすことで猛烈なスピードを実現しているこちらの仕組み。使用されている車体はソリのような小型のもので、超電導磁石によって浮遊させるために液化ヘリウムを使用しているとのこと。

実は、それまでの最高記録も彼らが持っていた、時速約825km。しかし今回は、その記録を一気に200km近く上回る驚異的な更新となりました。

ちなみに有人走行の世界最速記録は、日本のJR東海が2015年に記録した603km。新幹線以来の夢の列車、早く乗ってみたいですよね。

image by US Air Force

source: Holloman Air Force Base

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)