太陽の170億倍もの質量を持つ超巨大ブラックホール、予想外の場所で見つかる

太陽の170億倍もの質量を持つ超巨大ブラックホール、予想外の場所で見つかる 1

太陽の170億倍もの質量の超巨大ブラックホールが発見されましたが、その大きさのみならず発見された場所も注目されています。

これほどの規模のブラックホールは珍しく、これまでに見つかった最も大きいブラックホールの質量は太陽の210億倍になります。

通常、これほどの大きさのブラックホールは巨大な銀河団の中心に見つかるもの。しかし今回のブラックホールは、近くに20個ほどの銀河しかない侘しい楕円星雲で見つかったとのこと。このような場所での発見は珍しく、カリフォルニア大学バークレー校のChung-Pei Ma氏によれば、トウモロコシ畑のなかに高層ビルが1つだけぽつんとあるようなものなんだとか。 

 

この超巨大ブラックホールの大きさや形成について研究者たちは、元々は2個のブラックホールだったが、大昔に2つの銀河が衝突したことで徐々に合体したのではないかという考えを示しています。NASAが詳しく解説していますよ。

太陽の170億倍もの質量を持つ超巨大ブラックホール、予想外の場所で見つかる 2

Computer simulation of the newly discovered supermassive black hole / NASA, ESA, and D. Coe, J. Anderson, and R. van der Marel (STScI)

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(たもり)