おそロシア。戦車を改造した消防車の勇姿を見よ

おそロシア。戦車を改造した消防車の勇姿を見よ 1

正直、乗りたい。

戦車と消防車。男の子の好きなこの2つの乗り物を合体させてしまおうという贅沢な発想がコレ。このロシアで製造された戦車を改造して作った消防車は力強い無限軌道を採用し、すでに顧客からも受注を受けています。

ロシアの戦車工場「Omsktransmash」が開発したこの「SPM」は旧ソ連製戦車のT-72やT-80をベースとしています。そりゃ道理で戦車丸出しなわけだ…。乗員は3人で、同戦車…じゃない消防車はすでに数々の試験を通過しています。重量は60tで、25平方メーターの水と消火剤を搭載。100m先からでも消火活動が行なえます。

期待される活動地域は貯蔵施設での火災や爆発現場など、極めて危険な現場です。また森林火災などでも火災現場に深く侵入し、他の消防車の手助けなどもできます。

オリジナルのT-72やT-80よりもかなり重量が増しているのは、それだけモディファイが加えられているということなのでしょう。SPMは3月遅くには委託先に届けられるとのことですが…もう届いたのかな?

source: Question More

(塚本直樹)