自殺が21世紀に入って急増…ブームになりつつある懸念も

自殺が21世紀に入って急増…ブームになりつつある懸念も 1

日本は大丈夫なのかな?

いま米国では、自殺が大きな社会問題となっているそうです。米疾病対策センター(CDC)は、このほど米国内で自殺した人々に関する最新統計調査を発表しましたが、その衝撃的な内容が物議を醸しているみたいですね。

自殺が21世紀に入って急増…ブームになりつつある懸念も 2

米国内での自殺率は、1986年から1999年にかけて、毎年のように下がる傾向にありました。ところが、1999年分岐点として、自殺率は増加に転じ、とうとう最新データとなる2014年時点で、15年前から24%増となる急上昇を示す危険なレベルに達したと警告されています。これは米国内に居住する10万人のうち、13人が自殺によって命を絶っている計算です。

2014年中に自殺した米国人の合計は4万2,700人を突破。すでに米国内の死因トップ10に自殺が入るほどの、かなり深刻な社会現象と化してしまっているんだとか。ただし、ガンや脳卒中、糖尿病など、トップクラスの死因が問題視され、なんとか罹患を避けるように予防が呼びかけられるのとは対照的に、自殺に関しては表立って議論されることなく現在にいたっているのが正直なところのようです。

自殺が21世紀に入って急増…ブームになりつつある懸念も 3

なお、75歳以上の年齢層を除き、すべての年代で自殺率は上昇中。全体的には、若い白人女性の自殺の増加が目立っており、10歳から14歳の非常に低年齢で自殺する女性が増えています。

一方、男性に限ると、45歳から64歳の年齢層での自殺が急増しています。この年代の男性の自殺率は過去15年で43%増と突出しています。同年代の男性1,000人のうち、30人が自殺で命を絶ってしまっている高い割合ですね。

なぜ自殺が増えているのか?

1999年を境に米国で増加が止まらなくなった自殺率。その主な原因の1つに、経済的な問題があると指摘されています。2006年には、これまでのペースよりグンと自殺率がアップし、景気急速に悪化した時期と重なっていることからも、その指摘は的を射ているのかもしれませんね。

自殺には伝染効果の一面もある。精神的に弱い人々が、自殺について知れば知るほど、自らも自殺してしまう危険性が大いに高まる。

心理療法士のKatherine King氏は、今回の統計結果を分析して、次のようにコメントしています。周囲で自殺する人が増えれば増えるほど、悩んでいる人が、自分も自殺しようと衝動的に感じてしまい、結果として自殺は伝染病のように雪だるま式に増えてしまう危険があります。この分析を裏づけるかのように、いま米国内では先住民族の間で自殺が急増しているようです。

自殺が21世紀に入って急増…ブームになりつつある懸念も 4

なお、ここまでの状況は日本国内でも共通する事情があるかもしれませんが、米国での自殺の急増と切っても切り離せないのが、簡単にが手に入ってしまう状況でしょう。2014年のデータでは、自殺した米国人男性の過半数が銃を用いて命を絶っています。

どんな手段で自殺するかは、リスク分析を進めるうえで非常に重要な要素となります。自殺を考えている人に、簡単に命を絶つことができる手段が提供されるならば、自殺に踏み切る危険性は大いに高まりかねない。

King氏は、銃社会の米国が抱える問題点を、こんなふうに指摘しています。ちなみに女性の自殺手段は、薬物の服毒がトップですが、銃による自殺も高い割合を占めています。しかしながら、もっとも過去15年間で増えたのは、首吊り自殺など窒息死とのデータもあり、一概に銃社会だから米国では自殺が多いと結論づけることもできない、複雑な社会事情が存在しているようです。

source: CDC

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)