MITの新たな3Dプリント技術。3Dプリントしたらすぐ動ける即戦力ロボ

(注:電池とモーターは別途必要)。

まるで生き物のように動くコイツ、まるで「スター・トレック」のレプリケーターかなにかに思えてきちゃいますが、この新たな3Dプリント技術を作ったのはMITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAILラボ)研究者たち。

通常、複雑で動くものを3Dプリントする場合、たくさんのパーツを複数回数にわたるプリントで作り出し、後で組み立てないといけません。そんな時間も労力もかかるやり方も、MITのCSAILラボの研究者たちの3Dプリント技術を使えば一度のプリントで済むんです。

使用する3Dプリンターは、一般販売されている3Dプリンターに改造を加えたもの。インクジェットプリンターのようにインクヘッドが動き回るのですが、インクとして液体プラスチックが使用されており、紫外線を集中照射することで特定の部分を固めます。この仕組みを使い、硬い部分だけでなく固められていない液体部分も残したままにして、これを「油圧液」のように使うんです。

この改造3Dプリンターを使い研究者たちが作ったのは、6本足のロボット虫。バッテリーとモーターを除き、内蔵された12本の「油圧ポンプ」部分も含め全ての部分が一度のプリントで作られています。

3Dプリンターは、大企業の高価なプロトタイプ制作ツールから、どの家庭にも必要な安価な家電へと、ゆっくりとした足取りで変化しています。研究者たちが生み出したこの新たなプリント技術は、3Dプリンターを皆にとって便利な道具とするのに重要なステップとなるはずです。壊れたホッチキスを直すために小さなパーツを作るなんていう用途に留まらず、ただボタンを押すだけでちゃんと機能するモノがプリントできちゃうようになるのももうすぐでしょう。

この研究はまた、大規模な製造にも役立つでしょう。いつの日か、産業革命の象徴だった製造ラインが、工場内にたくさんの3Dプリンターが並び、完成品を昼夜吐き出していく光景にとって代わるかもしれませんね。

MITの新たな3Dプリント技術。3Dプリントしたらすぐ動ける即戦力ロボ 1

どこからともなく湯気立つアールグレイティーが入ったカップが出てきて、ピカード艦長のように優雅にすする日、レプリケーターが世に出る日も、もはやSFではないかもしれません。

source: MIT CSAIL

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(abcxyz)