サムスンxヤマハ、スマホを使ったスマートバイクシールド

現代のニーズに合っている、ような気はします。

スマート、という言葉で表されるさまざまな最新機能。乗り物でいうと、多くは車に搭載されますが、バイクだったら例えばこんなスマートさはどうでしょうか。まだ正式に商品化はされていませんが、サムスンとヤマハがタッグを組んで提案するコンセプトは、バイクシールドをスマート化したもの。バイクでのスマートディスプレイはこれが初めてではありませんが、ヘルメットに何か仕掛けようとする動きが多い中、バイクシールドとはなるほどねぇ。

バイクシールドに小さなプロジェクターが仕掛けられており、スマートフォンと連動した画面を映しだすというものです。専用アプリを使って操作でき、表示される内容は速度や時間、目的地までのナビなど。メールや電話の通知も表示されるので、バイクを停めて応えることもできます。「今運転中、あとでかける」というメッセージ自動送信機能もあり。その通知が逆に運転の妨げになるのでは?とも思いますが、運転しながら赤信号でちょいちょいスマートフォンを取り出す慌ただしいライダーを目にするのも事実。いっそのこと、こうして通知して自動返信できたほうが安全なのかもしれませんなぁ。現代人とは、せわしないものなんです。

source: Samsung via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)