AC/DCの曲が化学療法に効果的なことが判明?

AC/DC 化学療法

南オーストラリア大学の研究者たちによる、ロックな大発見です。

AC/DCの曲を流しながら抗癌剤の粒子にコーティングを行うとムラがなくなり、薬剤が腫瘍に届くまで途中でバラバラになることがなくなるという研究結果が明らかにされました。しかも、爆音であるほど良いのだとか!

Metal Injectionによると、これはNico Voelcker教授が試したロック音楽による化学療法で、特にAC/DCの「サンダーストラック」にその効果が高く認められたと報告されたそうです。

教授によるコメントにはこうあります。

微小な粒子は多孔性で、基本的にそれらはスポンジのような構造を持っています。そこに薬剤をつめてやればいいわけですが、それが離散しないように、私たちは皮膜を作り出しました。

通常であれば、表面にプラズマを放つのですが、実はこれでは片面しかコーティングされず、反対の面はむき出しのままになってしまうのが問題だったんです。

そこで思いついたのが、音楽の振動で粒子が上下に揺さぶられるよう、スピーカーから大音量の音楽を流すことでした。結果として、このカオスな周波数が満遍なく同質のコーティングをしてくれることに大きく貢献したんです。

まさに雷に打たれたかのような大発見ではないでしょうか? 教授は、ロック音楽によるコーティングは大体2~100回ほど繰り返して皮膜を作ってくれるとのことで、その他の薬剤にもこの方法が可能かどうか試してみたいとも言っています。

AC/DC 化学療法

リポートに使われた図表

ギターのイントロから流れ続けるメロディーは細かく連続的な振動ですし、「サンダ!」の部分ではドン! ドン! と突然揺さぶられます。このコンボが効果的なのかもしれません。

では最後に、抗癌剤の粒子になったつもりで「サンダーストラック」をお聞きください。

image: Metal Injection, ACS Publications

source: Metal Injection, ACS Publications, YouTube

岡本玄介