ニール・ブロムカンプ監督が「エイリアン 5」のコンセプトアートを公開

ニール・ブロムカンプ監督が「エイリアン 5」のコンセプトアートを公開 1

先日、4月26日は「エイリアンの日」でした。1979年に公開されたSFホラー映画の傑作「エイリアン」で宇宙貨物船ノストロモ号の乗員たちが異星人(エイリアン)に遭遇した惑星LV426にちなんだ記念日です。

そんなエイリアンの日を祝して、「第9地区」、「チャッピー」などの作品で知られるニール・ブロムカンプ監督が、「エイリアン5」のコンセプトアートを自身のInstagramアカウントに投稿していました。

Alien day

A photo posted by Brownsnout (@neillblomkamp) on

こちらは「エイリアン2」でリプリーと親子のような関係になった少女、ニュート(レベッカ・ジョーダン)が大人になった姿。強そう!

このニュートは27歳なので、「エイリアン5」は「エイリアン3」、「エイリアン4」がなかったことになっている設定の作品だということがわかります。

一時、ブロムカンプ監督が「エイリアン5」を手がけると報じられて大きな話題になりましたが、なんだかんだでストップがかかり、現在は製作されるのかどうかがわからない状況。しかし、これを見てしまうと「作って!」と願わずにはいられませんし、監督もまだやる気まんまんのようです。

なお、「エイリアン」シリーズの前日譚を描いた映画「プロメテウス」の続編「Alien: Covenant(原題)」は2017年に公開予定。こちらは元祖「エイリアン」と「プロメテウス」同様、リドリー・スコット監督が手がけます。

source: Instagram, IMDb

Katharine Trendacosta - Gizmodo io9[原文

(そうこ)