Jホラーの巨匠・清水崇監督が手がける4DX限定の映画「雨女」特報

雨女

(血の?)雨が降るぞー!

Vシネマ/劇場映画「呪怨」で世界を恐怖に陥れた清水崇監督による、4DX限定公開の体感型ホラー映画「雨女」の特報映像が公開されました。

以下は本作のあらすじ

雨の日の夜、理佳(清野菜名)は必ずと言っていいほど、同じ夢を見た。大雨の中、踏切で電車が行くのを待つ幼い少女。その前に突如現れ、踏切の中に入る黒い服を着たビショ濡れの女。女は男の子を大事に抱き寄せながら、少女の目の前で電車に轢かれてしまう。

そんな夢を毎回見続け、さらには彼氏である隆(栁俊太郎)との煮え切らない関係に憂鬱な気持ちを抱えていた理佳は、母の命日に地元に帰省することにするのだが…。

「呪怨」で幽霊を実体のあるモンスターかのように思いっきり見せるという、これまでの日本のホラーの常識を覆すシーンを作り、観客の度肝を抜いた清水崇監督が手がける初の4DX作品なので、いろいろな仕掛けがありそうです。

なお、本作に関して清水監督は以下のようにコメントしています。

映画は進化し続けます。暗闇の四角いスクリーンに構成された限定的な映像と音響は、時に無いはずの“匂い”や“風”、“暑さ”や“寒さ”、“痛み”や“ぬくもり”すら感じさせる名作を生み出してきました。ところが4DXはその壁を越えます。座席が揺れ、風が吹き、匂いがして、水が飛びます。

 

とは言え、もちろん映画で最も重要なのは“気持ちを揺さぶられる事”です。今回、皆さんに映画の新しい形を体感してもらうべく、『雨女』という4DX専用の映画を用意しました。ぜひ劇場へ“雨女”に会いに来てください。“雨女”に遭った時、あなたの心はどんな風に揺らぐでしょうか?

そして、本作がホラー映画初主演となる清野菜名さんのコメントは以下。

今回初めてのホラー映画の出演と4DXでの公開ということで撮影しながらどんな作品に仕上がっていくのか? ということを私自身楽しみにしていたので、公開が決まって大変嬉しいです!

 

撮影に関しては、、、タイトなスケジュールの中で結構ハードな撮影も多かったんですが中でも水深5メートルのプールでの撮影は今まで体験したことのないシチュエーションだったので、水中で演技をすることの難しさや、体力的にも限界を超えた撮影でした。

 

まだ私も見れておりませんが色々なシーンがどのように4DXになって皆さんを驚かせることができるか私自身楽しみにしてます。映像を見ながら体感できるホラー映画「雨女」を是非劇場でご覧いただければと思います。

これまでの4DX上映はライド感の強い作品が多かったので、「雨女」にはいわゆるJホラー独特の幽霊(やモンスター)が登場する決定的な瞬間までのじわじわくる静かな恐怖全身で受け止められることに期待です。

映画「雨女」は2016年初夏、全国のユナイテッド・シネマ他にて4DX®限定公開。

(C)2016「雨女」製作委員会

source: 『雨女』公式サイト

スタナー松井