アップル、App Storeに「防災関連アプリ」特集を公開

アップル、App Storeに「防災関連アプリ」特集を公開 1

アプリでも震災に備えよう。

昨日4月14日の午後9時26分ごろに、熊本県を中心に震度7を観測した「平成28年熊本地震」。地震から一晩がたった今、徐々に被害が確認され、残念ながら人命への被害もあったようです。

そんな中、アップルはApp Storeにて「防災関連アプリケーション」の特集を公開しています。

アップル、App Storeに「防災関連アプリ」特集を公開 2

特集では「コミュニケーション/ニュース・天気/緊急情報/地図・交通/医療/その他」など、いくつかのカテゴリーに分けてアプリを紹介しています。

例えばコミュニケーションアプリではお馴染みLINEやFacebook Messenger、それに家族などと簡単に連絡が取れたり居場所の共有ができる「すぐれん」や「ココイル」などのアプリも。災害時には正しい情報を知ることが大事ですから、これらのアプリはきっと役に立つことでしょう。

また緊急情報アプリでは「Yahoo!防災速報」や避難所ガイドアプリの「Japan Shelter Guide」、地震警報の「ゆれくるコール」などが掲載。また医療用アプリの「日本全国AEDマップ」や、確かな情報を得るための「首相官邸アプリ」なども紹介されています。

被災地域では余震だけでなく、悪天候による二次災害も懸念されています。これらのアプリで少しでも被害が減らせることを願っています。

source: アップル

(塚本直樹)