なんと観葉植物から充電できるって? 光合成発電ポット「Bioo」が気になる

今、世界中はクリーンエネルギーを必要としています。

観葉植物からスマートフォンを充電できるとか、それってすごい発明じゃないでしょうか。現在、光合成発電による充電器ポット「Bioo」がクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場し、今注目を集めています。

一見普通の観葉植物ポットにしかみえませんが、中にはUSB充電ケーブルが隠されているんです。ここからスマートフォンを始めとする各種電子デバイスの充電が可能。さらに太陽に照らされていない夜間でも充電可能なんですよ。出力は3.5V、0.5Aとかなり頼りない感じはありますが、ウェブサイトには1日にスマートフォンを2回から3回フル充電できるとあります。

なんと観葉植物から充電できるって? 光合成発電ポット「Bioo」が気になる 1

使い方も簡単、ポットの底の装置に水を注いでシェイクして「起動」させ、好みの観葉植物(なんでもいいらしい)を土ごと植えて、普通に育てるだけ。

でも仕組みはどうなっているのでしょうか? 「植物は光合成をする際に電子を放出する」という仕組みを応用しているそうです。

なんと観葉植物から充電できるって? 光合成発電ポット「Bioo」が気になる 2

光合成によって生成される有機物の中には、植物の成長を促す成分が含まれていますが、そのほとんどは根っこから土へと排泄されてしまいます。そこにその有機物を食べようと微生物が集まります。微生物が有機物を消費する際に、電子が放出されているそうです。それをポットの底の装置に配された電極により回収、電気エネルギーに変換し、それを吸い上げてUSBポートから給電できるようにしているのです(Indiegogoの説明文には「光合成の過程で土へ排出された成分が電気エネルギーに変わる」とだけ説明されていますが、光合成発電の仕組みはだいたいこのようになっているようです)。

本当に植物だけで「1日で2~3回スマートフォンフル充電が可能」なのかどうか、正直にわかに信じがたいですが、もし使えなかったとしても、普通の観葉植物ポットとしては使えます…よね(本末転倒)。仕組み上は一生使い続けることができそうな気もしますが、実際はどうなんだろう。

なんと観葉植物から充電できるって? 光合成発電ポット「Bioo」が気になる 3

ひとつ99ユーロ(約1万2300円)から入手可能で、出荷は2016年12月を予定、世界中に出荷可能とのことです。記事執筆時点で目標金額の1万5000ユーロ(約188万円)を180%ほど超えて、プロジェクトは達成済み。また、より大きな電力が得られる、100×100×25cmの「Bioo Panel」もあり、最大40wの発電が可能だそうです。

source:Indiegogo

(mayumine)