制作期間12年の壮大な中国産劇場アニメ「大鱼・海棠」が今夏公開

大鱼海棠

息を呑むアニメーション。

中国のアニメプロダクションB&Tによる劇場版アニメ「大鱼・海棠 Big Fish & Chinese Flowering Crabapple」の最新予告編が公開され、2016年7月8日の公開が発表されました。

なぜ制作に12年もかかったのか? の説明の前に、まずは圧巻の映像をご覧ください。

こちらはlulu shenがアップしたもの。これはその、何かこう、ぐぁっと来るものがありませんか?

大鱼海棠2

大鱼海棠3

大鱼海棠4

大鱼海棠5

「大鱼海棠」は2013年に中国版クラウドファンディングサイトの点名时间で資金調達を行い、目標金額120万元を上回る158万元を達成した作品。中国アニメは資金不足による頓挫が多いんですが、この数字からも本作への期待の高さが感じられます。

こちらはHAI DAがアップした、2013年当時のキャラクターボイスがついていない予告編。

資金調達前は2012年公開と言われていましたが、やはり難しかったようで、援助を求めた結果大当たりしたといった経緯があります。以前から気になっていた作品なので、今回の公開決定は非常に感慨深いです。

さて、タイトルにもあった制作期間12年という部分についてですが、本作には元となった同名のFlashアニメがあります。

こちらは哈雷工兵がアップしたもの。

このFlashが公開されたのは2004年ですが、すでに世界観やキャラクターがつながっているのがわかります。そして、作品で使われている壮大なBGMは2001年のNHKスペシャル企画「日本人はるかな旅」という曲のテーマソングにも注目。この曲を手がけた吉田潔さんが劇場版の劇伴も担当するんです。

つまりFlashでは素材として使っていたものの、12年を経て本人に曲を書いてもらうことになったという流れになります。この話にロマンを感じないはずはないでしょう。

ぜひ日本で公開してほしい「大鱼・海棠」ですが、そこは中国での成功次第でしょうか? 続報を待つとしましょう。

Copyright © B&T Co.,Ltd.All Rights Reserved.京ICP备05004836号

source: 大鱼 海棠, YouTube1, 2, youku, 点名时间

ヤマダユウス型