もう何なの自然界、賢すぎ。ホタルの構造を真似たLEDライトが60%明るくなる

虫さん、テクノロジーに貢献しまくり。

韓国科学技術院の研究チームはナノ構造のレンズを表面につけたLEDライトを開発しました。

研究チームがホタルの発光部位を調べていたところ、表面にタイル状の構造が存在しており、それが周囲の大気とホタルの身体の屈折率の差を小さくしていることを発見しました。それによって発光がより強くなっているということです。

そのタイル状の構造をポリマーを利用してナノレベルで再現し、それを通常のLEDライトに装着したことで今回のホタル式LEDライトが開発されました。実験を行なった結果、開発したもののうち緑色のLEDライトはなんと同じエネルギーで60パーセント増の光を発することができたとか。研究の結果は科学誌Nano Lettersで発表されています。

研究チームは、この技術を使ってディスプレイなどを製造することで、さらなる省エネ製品を作ることができると考えているようです。

いやー、虫さんすごいっすね。進化すごいっす。人間が頑張ってテクノロジーの効率化を進めようとしている中、「自然界に答えがあった!」っていう展開はもはやパターン化しています。バッタコオロギカナブン、と種類も多岐に渡りますが、次に注目される昆虫は何でしょうね...。

source: Nano Letters via Chemical & Engineering News

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)