美容業界へのブラックメタルの影響は過小評価されている! という熱弁

ブラックメタル メイクアップ

コープス・ペイントだって立派なメイクDeath!

オランダから美容に関するノウハウを発信しているLoepsieさんが、4人の有名ミュージシャンたちがまとった、ブラックメタルを象徴するコープス・ペイントのやり方を伝授してくれました。

1960年代に始まり、そのあと北欧のブラックメタル界隈で定番化したコープス・ペイント。これは顔を白黒に塗りわけて、死体や悪魔を表現または演出するものです。

Loepsieさんは、このメイクの美しさと力強さがもっと「ビューティー業界で評価されるべき」と語り、4種類のコープス・ペイントの作り方を、その身を持って教えてくれています。

1つ1つ見ていきましょう。まずはノルウェー出身のバンド、イモータルの元メンバーであるアバス・ドゥーム・オカルタ

ブラックメタル メイクアップ

白黒ハッキリした塗り分けで最もポピュラーなタイプ

ノルウェーのサテリコンでドラマーを務めたフロスト

ブラックメタル メイクアップ

ディティールにこだわります

ポーランドのベヒーモスのフロント・マン、ネルガル

ブラックメタル メイクアップ

アレンジとしてボカしのテクニックを使用

元ゴルゴロスのドラマーにして、ノルウェーのヴァルドルナを作ったクヴィトラッフン

ブラックメタル メイクアップ

目、鼻、口からあふれ出すエナジー

確かにどれからも「美」が感じられるので、コープス・ペイントはアートの域に達していると言ってもいいのではないでしょうか?

でもなかなかコープス・ペイントをする機会がない! とお悩みの方は、ヘヴィメタル・オフィスに就職するのも手かもしれません。

source: YouTube

岡本玄介