映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でも流れた名曲をデスメタル化

piña colada

せっかくのピニャ・コラーダが鉄の味に……。

ルパート・ホームズが1979年に歌った「Escape(The Piña Colada Song)」は、アメコミ映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の脱獄(エスケープ)シーンで流れ、映画「LIFE!/ライフ」ではジャック・ジョンソン版が使われた、陽気な曲

しかし、そんな名曲がデスメタル化されてしまったというから、これはチェックするしかないDeath!

こちらはTheMarkがアップしたもの。

歌詞は、長く連れ添った彼女に飽き、新聞紙の恋人募集欄で見つけたピニャ・コラーダ好きの女性と待ち合わせるものの、なんとそれが今の彼女だった……といった内容で、日常からのエスケープを試みる歌です。

本来なら爽やかでハッピーな曲調なのに、こうなってしまうと彼女との生活が苦痛で耐え難かった感がゴリゴリににじみ出てきます。もしも劇中でこのデスメタル版がかかっていたら、「ガーディアンズ~」の脱獄シーンはもっと血わき肉おどる印象に変わっていたことでしょう。

なお、以下がオリジナル版。デスメタル版を聞いた後だと、ルパートの声がとてつもなく優しい美声に感じられるかもしれません。

source: YouTube1, 2

岡本玄介