ロンドン地下鉄そっくりなデス・スターの内部交通網は宇宙一!

ロンドン地下鉄そっくりなデス・スターの内部交通網は宇宙一! 1

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の特報が公開されて以降、ネット上ではこの新作のロケロンドンの地下鉄駅で行なわれたんじゃないかという説が飛び交っています。もちろんそんなわけないじゃないですか、みんなデス・スター内部には宇宙一よくできた公共交通機関があるって知ってますよ。

ダース・ベイダーが宇宙を支配していたころ、「Death Star Transit Authority(デス・スター交通局、略してDSTA)」はデス・スター内部の離れた場所をライトレールトランジットで効率的につなぐことで、この巨大バトル・ステーションの大規模な公共交通機関を管理していました。

次の駅は~、留置所フロアー、留置所フロアーです

デス・スターのその大きさと、球状の形を考えると、その内部を行き交う公共交通機関のデザインは単純なものとはいきません。何年もの間、そのルートを考えた末にたどり着いたのは、帝国指令センターや皇帝の塔の主な指令室間を行き来するのに一番効率的なルートへのアクセスを容易にしつつ、スーパーレーザー砲の近くへも行ける路線です。

ロンドン地下鉄そっくりなデス・スターの内部交通網は宇宙一! 2

度重なる建設の遅れ(と交通局長官の不可思議な死…未完成の駅で何者かに首を絞められたような状態で見つかった)に悩まされたものの、DSTAはスケジュール通り、予算以下でプロジェクトを完成させました。オープニング後はいくらかの駅でかけが人が続出したため、「赤道トレンチにご注意ください」の看板が掲げられました。

ロンドン地下鉄そっくりなデス・スターの内部交通網は宇宙一! 3

特定の時期になると毎年圧縮された生ごみみたいな悪臭が漂うなどの欠点に対して不平も聞かれましたが、この交通機関は驚くことに公に批判されたことは一度もありませんでした。アーバン・デザインの視点から考えると、これはDSTAが驚異的なことを成し遂げたということでしょう。DSTAは月ほども規模のある広大な宇宙基地内部を歩いて移動できるようにしたのです。

ロンドン地下鉄そっくりなデス・スターの内部交通網は宇宙一! 4

この銀河帝国の公共交通機関を知らないロンドンに住む人達は、まるでノーマン・フォスターさんがデザインしたロンドン地下鉄ジュビリー線の駅にそっくりな見た目に驚くことでしょう。でも今後しばらくの間は宇宙で一番優れた公共交通機関はデス・スターの内部だということには、何千人ものストームトルーパーたちもきっと同意してくれるはずです。

(訳注:もちろんこれは冗談。どうやら「ローグ・ワン」特報の一部はジュビリー線のカナリー・ワーフ駅で撮影されたようです。)

source: The Guardian

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(abcxyz)