英語辞典に「Djent(ジェント)」を追加してもらおう! という運動

Djent ジェント 英語辞典 オックスフォード 賛同

腹の底に響くような、重低音を表す擬音

change.orgにて開始されているキャンペーンの中に、オックスフォード大学出版局に向けて、英語辞典にとある単語を乗せようという運動が行われています。

それが、スウェーデンのヘヴィメタルバンド、メシュガーのギタリストであるフレドリック・トーデンダルが提唱した造語の「Djent(ジェント)」です。

これは、7弦や8弦の張られたギターで低音弦をパワーコード+ブリッジミュートで弾いた時に出る「ズン」というディストーション・サウンドを示す単語。メタルヘッズやギタリストであれば、一度は耳にしたことがあるかと思います。

「ジェント」は擬音としてだけでなく、こうしたサウンドを出す(主に)ヘヴィメタルバンドの派生ジャンルの呼称としても使われていて、ムーブメントとして世界的に広く知られているはずなので、そろそろ辞書に掲載されても良いのでは? という考えから、今回の運動が始まったというわけです。

目標は1,500の賛同者ですが、執筆時現在ではすでに1,129人が賛同しています。ぜひ日本のメタルヘッズの皆さんもチェックしてみてください。そして、いつか日本の辞書にも載ったらいいなあ……なーんて夢が広がりますね。

source: change.org, YouTube

岡本玄介