ドナルド・トランプ氏、夜7時以降は自分でツイートしていることが判明

ドナルド・トランプ氏、夜7時以降は自分でツイートしていることが判明 1

労務管理は、割とホワイト。

アマゾンCEOのジェフ・ベゾスにケンカを売ったりアップル製品のボイコットを(iPhoneから)宣言するなど、過激な発言が目立つドナルド・トランプ氏のツイッターアカウント。しまいには、その発言を自動生成するbotまで登場しました。

しかし気になるのは、あれって本人がツイートしてるの? ってこと。大統領選真っ只中で、さすがにめちゃくちゃ忙しいはずですもんね。

その疑問の答えが、昨夜明らかになりました。答えは「夜7時まではアシスタントがやってるけど、それ以降は本人がツイートしている」とのこと。

トランプ氏は、CNNの名物キャスター、アンダーソン・クーパー氏の問いに対し「日中オフィスにいるときは、私が叫んだことをアシスタントがツイートしている。アシスタントはとびっきり若い女性だ」と答えました。とびっきりって言う必要があったのかわかりませんが、「しかし夜7時以降は、私が自らツイートしている」とのこと。

米Gizmodoでは、はたしてトランプ氏がPCを使ったことがあるのかをずっと探ってきましたが、いつだって答えはノー。そんな彼が、タブレットやスマートフォンを使いこなせるのかもちょっと疑問ですが、とにかく自分でそうだと言うのならそうなんでしょう。

それにしても、トランプ氏の発言が本当だとしたら、夜7時以降は結構ヒマで、意外とツイッター中毒なんですね。

「ツイッターには有益な情報が多い。あなたも是非やるべきだよ」とクーパー氏に答えたトランプ氏。「本当に価値あるものを見極める必要があるけどね」。

トランプ氏はまた、彼が行なうリツイートには過激なものもあるが、彼自身の発言はそうでもないと認識しているとのこと。他人のことを「道化者」「負け犬」なんて呼んでましたけどね…。

とにかくそれが本当なら、今までの発言を時間別で見てみると、新しい発見があるかもしれません。個人的には、とびっきりの若い女性が過激な発言をしてることほうに興味が湧いてます。

source: The Wall Street Journal, New York Times

Matt Novak - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)