混雑を解消できるか? 無人タクシーシステムをインドが採用

混雑を解消できるか? 無人タクシーシステムをインドが採用 1

タクシーとは言っても、モノレールみたいですけどね

インドの首都、デリーの近郊都市であるグルガーオンは、過去数十年で人口200万人以上を抱えるテクノロジーハブに急成長しました。現在はグーグル等のフォーチュン500に選ばれた企業の半数がここにオフィスを持っていますが、インフラがその成長についていけず、インドの他の都市同様に深刻な渋滞という問題を抱えています。そこで市は、人々がより早く移動できるよう、無人タクシーポッドの採用に動いています。

無人タクシーポッドはこれが初めてではありません。「Personal Rapid Transit System(個人用高速輸送システム、通称PRT)」はアメリカのモーガンタウンで1975年に初めて開業し、ロンドンのヒースロー空港、そしてアブダビのマスダール・シティでも採用されました(2011年にプロトタイプを残して廃棄されてしまいましたが)。無人タクシーというとグーグルが試験中の自動運転車を連想しますが、これは3人から6人程が乗れる小さいポッドが線路などの上を走り、バスや電車と違って乗客が指定した駅に直接移動できるというのが特徴です。

混雑を解消できるか? 無人タクシーシステムをインドが採用 2

マスダール・シティのタクシーポッド

The Times of Indiaによりますと、インドの国立高速道路局(NHIA)は現在、8マイル(約12km)の試験的なPRTシステムを建設するために、世界各国の企業から入札を募っています。Metrinoと名付けられたこのPRTシステムは、グルガーオンとデリーとの境にあるAmbience Mallから発車し、16カ所の駅が予定されています。1台のポッドには5人まで搭乗でき、1,100台がネットワーク上を行き来することで、1時間に3万人が移動する算段です。乗客を乗せたポッドは、通常はバスや電車のように1駅ずつルートを移動しますが、ポッド1つをチャーターすることで指定の駅まで直接移動することもできるそうです。

混雑を解消できるか? 無人タクシーシステムをインドが採用 3

グルガーオンは建設までの手続きを簡略化した結果、高層ビルや高級アパート、モール等が次々並び立ったものの、それを支えるだけのインフラを政府が用意できませんでした。しかも、毎月6万台の車が新たに都市の路上に並ぶという現状なので、個人の車を利用しない移動手段の確保が急務となっています。

PRTシステムは未来の交通手段とうたわれていましたが、今まで本格的に都市全体で採用された例は存在しません。Metrinoが実際に運用されれば、モーガンタウンに次ぐ世界最長のPRTシステムであり、駅の数は最多となります。日本の場合、電車やバスなど公共交通機関がすでにしっかりしているので必要がないかも知れませんが、グルガーオンのように人口密度が高く、他の交通手段に乏しい都市での解決策となるかも知れませんね。

images by skyTran、The Times of India

source: The Times of India via AutoblogCityLab

(scheme_a)