豚肉のおかげで進む、より強く安全なドローン開発

いきなりドローンと豚肉と言われても、何のことかわからないですが、つまりはこういう実験です。

飛行機が飛んでいる時に何かにぶつかった場合、どんなダメージがあるか。それを調べるために、コンピューターシミュレーションや、実際に鳥肉をぶつけてみるなんてテストがあるそうですが、今回は豚肉にしました。デンマークのオールボー大学が行なった実験がこちら。

オールボー大学には、ドローン技術を研究、テストする専用のラボがあります。そのラボで今テストしているのが、ドローン衝突によるダメージ。飛行中のドローンがぶつかれば、一体どれほどの衝撃があるのでしょう。人間でテストするわけにいかないので、実験では豚肉にお願いしています。

回転するプロペラは凶器…。ラボで使われている10フィート(約3m)の実験施設は、対象物に向ってドローンをぶつけるためのもの。対象物=豚肉に向って、約時速53kmで突っ込むプロペラ。衝突の様子を毎秒3000コマのハイスピードカメラで撮影し、プロペラがどれほど肉に深くささるか、プロペラ自体がどう回転をやめ壊れてしまうかを研究しています。動画を見れば、少なくとも豚肉はかなりの痛手を追ったことは、素人目にも明らかです。人間ならば大流血の大惨事よ…。

研究を勧めることで、衝撃につよいドローン、壊れにくいドローン、より安全なドローンの開発に繋がっていきます。それはそれとして、動画を見たたでけで、ドローンでふざけるのはやめようって気もわいてきますね。

source: Aalborg University via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)