どこでも誰でもライブ配信。Facebook Live、APIを公開

どこでも誰でもライブ配信。Facebook Live、APIを公開 1

掲示板的コミュニケーションから、リアルタイムへシフトしている感。

フェイスブック開発者向けカンファレンスF8が、現地時間12日にサンフランシスコで開幕しました。

その基調講演にて、同社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、先日一般に開放されたばかりFacebook LiveAPIを公開し、どんなデバイスからでもストリーミングできるようにすると発表しました。

その一例として行なわれたのが、 DJIドローンによるデモ。カンファレンスの会場内を飛び回り、その姿をリアルタイムで配信してみせる演出と同時に、DJIとMevo Cameraが最初のパートナーとされることも発表されましたよ。

どこでも誰でもライブ配信。Facebook Live、APIを公開 2

Facebook Liveが開始されたのは去年8月。当初は認証済みの著名人のみ、その後メディアや企業ページなどに利用を拡大し、今月6日、すべての人が利用可能となったばかり。このタイミングでAPIの公開に踏み切ったのは、彼らが今後、ライブストリーミングに力を入れていく証かもしれません。

F8開始前には、メディア向けのビデオ編集ツールを発表するとの噂もありましたが、とりあえず現時点では、API公開以外については触れられていません。F8は2日間続きますので、今後の発表にも注目ですね。

ちなみに、アメリカのBuzzFeedは、Facebook Liveですでに80万人の視聴者を獲得したとの報道もあります。これは、ツイッター傘下のPeriscopeやグーグルのYouTube、それに日本のニコニコ動画だけではなく、既存のテレビとも競合する強力なプレイヤーが登場したことになるのかもしれません。

「フェイスブックアプリの中に「ビデオ」のタブを設ける」と明言しているザッカーバーグ氏。彼らが見据える「次」は、ライブストリーミングなのかもしれませんね。

source: Business InsiderTech CrunchWired

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)