FBI、意気揚々と他の事件でもiPhoneロック解除に取り組んでいます

FBI、意気揚々と他の事件でもiPhoneロック解除に取り組んでいます 1

勢いづいてますよ、FBI。

本題に答えのでないまま、FBIが独自にロック解除をしたことで幕引きとなった「FBI vs アップル」問題でした。FBIがどうやってロック解除をしたかは公開されていませんが、さっそく他の事件解決にも利用しているようです。アーカンソー州における殺人事件捜査において、iPhoneとiPodが証拠として存在しているのですが、これらをロック解除するのをFBIが手伝っていると報じられました。

AP通信によると、ロック解除に関してFBIから支援を受けているのはフォークナー郡検察官であるCody Hiland氏。この事件では、去年7月にRobert CogdellとPatricia Cogdellの二人をコンウェイ市の彼らの自宅で殺害したとしてHunter DrexlerとJustin Staton、2人の10代の少年が罪に問われています。

Hiland検察官は2人が所有していたiPhoneとiPodに重要な証拠があるかもしれないと考えているようですが、少年の弁護団はデバイスに含まれているものに関して特に心配していないとのこと。

サンバーナーディーノ事件の犯人の一人が所有していたiPhone 5cをFBIがどうやってロック解除したかは公開されていないものの、新しいiPhoneに対して同じ方法でのロック解除は難しいだろうというのが専門家の意見のようです。

殺人事件は解決してほしいものの、当局がどれだけ一般人のデバイスに介入するべきかはまだまだ議論が収まりそうにありません。

こういったFBIによる細かい動きを欧米のメディアが敏感に報道するのは、当局による監視強化はプライバシーの侵害だけでなく言論の自由も奪うものだという考えが大元にあるようです。

source: ABC News

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)