「傷」を作る特殊メイクを教えてくれる動画。痛くないのに、なんか痛い

フィクションの世界の大ケガ。傷を縫ったりきったりするシーンがありますが、もちろん役者が本当に傷を負ったわけではありません。

メイクです、特殊メイクです。傷メイクを施す担当の人がいるわけですが、この動画を見ているとその職人技がよくわかります。膝がぱっくりいってしまった特殊メイクで、縫っている周りの皮膚もメイクの一部です。

特殊メイク動画をポストしているYouTuberのFreakmoさんとPowdahさんが共同制作したのがこの動画。

膝の大きさに合わせ、まずは粘土で土台作りから。傷や縫った穴、皮膚のシワなどを作ります。粘土の上にシリコンを流し型を作り、その型に今度はシリコンゴムを流します。できたモノに、色づけやテクスチャを何度も何層にも渡ってほどこしていきます。ペイントやワセリン、なんとローションまで使います。傷が完成したら、今度はそれを人間の膝の上に上手いこと馴染むようメイク。血がダメな人は見るのもつらいほどリアルですから注意!

動画内で早口解説していますが、ネタ元のYouTubeページにいくと、使った道具や材料がすべてリストになっています。GWでヒマしている人、チャレンジしてみます?

source: YouTube - Freakmo

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(そうこ)