熱を使った磁気記録システム、10倍のデータ・ストレージが可能に

熱を使った磁気記録システム、10倍のデータ・ストレージが可能に 1

ハードウェアが進化するとコンテンツも進化するわけで。デバイスのストレージ容量は増えても、音楽や動画、ゲーム、アプリとユーザーが使う量も増えるので結局いつも容量が足りないんですよね。

なので新しいストレージ技術が開発されるたびに我々も一喜一憂するわけです。今の注目は、熱を一緒に使う磁気記録システムです。この方法だと、なんと同じ大きさで従来の10倍の容量を持たせることができるかもしれないとのこと。

何が新しいかというと、磁気ストレージにデータを書き込むときに磁気に加えてレーザーを使う点。これによって従来の磁気記録方法に必ずついてきた”ジレンマ”を克服するんです。

磁気記録の”ジレンマ”とは何か?

ストレージのサイズはできるだけ小さくしたいですよね。しかし磁気記録においては、データを保存するのに使われる磁性粒子が小さすぎると、磁場が周りの影響を受けやすくなってしまい、保存されたデータが壊れてしまう可能性があります。

じゃあ影響を受けにくい素材にすればいいじゃないか、となります。しかしそうしてしまうと今度は書き込みが困難になってしまうんですね。そうすると大きな磁場が必要になり、そうすると周囲の磁性粒子に与える影響も大きくなってしまい...と1つ解決しようとすると1つ問題が生まれるジレンマ状態に。

このように従来の磁気記録は、読み取り性能、書き込み性能、安定性の3つの性質を確保しながらサイズを小さくするという点に困難があるわけですね。

しかし磁場の影響を受けにくい素材を使っていても、レーザーを使って磁性粒子に熱を加えることで、データ書き込みに必要な磁場を小さく抑えることができるそうです。これにより、周囲の粒子に影響を与えずに単一のスポットにだけデータを書き込むことも容易だとか。

この熱補助型磁気記録、実は理論としては長く存在していたとのこと。しかし実際にどれくらいのサイズでどれくらいの容量が実現できるかというのはわかっていませんでした。

今回、オーストラリアのウィーン工科大学で行なわれたシミュレーションのおかげでそれが明らかになりました。この技術を使うと1平方インチ13.23テラビットのデータを保存することができると発表されました。

1平方インチ(約6.45平方センチ)に13.23テラビットですよ。

たとえばブルーレイ・ディスクだと1平方インチにつき12.5ギガビットです。ギガです。

高品質なハードディスクでも1.34テラビット/平方インチ程度となっています。約10倍の性能を持っているわけです。論文は「Applied Physics Letters」で発表されています。

ここまで聞くと理想的な記録システムに聞こえますが、もちろん課題はあります。

高性能を達成するに足る密度の粒子構造のストレージデバイスに、精密にレーザーを照射できるシステムを組み込む...まぁかなり難しいわけです。しかし研究者たちは数年以内に実現可能になるだろうと予想しているそうです。

容量のことを心配しなくて良くなる将来がくるのでしょうか。

image by downhilldom1984 via flickr

source: Applied Physics Letters via PhysOrg

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)