エイリアンの日に発売されたReebokシューズ、サイズでファンがっかりムード

エイリアンの日に発売されたReebokシューズ、サイズでファンがっかりムード 1

映画「エイリアン」に登場する女性キャラクター、シガニー・ウィーバーさん演じるエレン・リプリー。映画史の中でも、女性ヒーローのアイコン的存在の1人であり、非常に人気があります。彼女が劇中ではいているReebokのハイカットシューズも、とても印象深いアイテムですね。この靴が限定で販売されるというのですから、ファンはかなり期待していました。

4月26日は、「エイリアン」の舞台となった惑星LV-426にちなんで、エイリアンの日として大々的にプロモーションされてきました。中でも、Reebokの限定シューズ、リプリーモデル「Alien Stompers」はプロモーションの目玉。これまた惑星LV-426にちなんで、426足限定でエイリアンの日発売でした。限定だけあって、発売するやいなや完売でしたが、売り切れ以前に一部のファンはがっかりモードだったとか…。

前述した通り、リプリーは映画史上でも強烈な女性ヒーローです。が、販売されたAlien Stompersは、メンズサイズのみだったのではないかと、疑問視されています。

発売されていたと思われるのは、アメリカのメンズサイズである8から12。これは日本サイズの26センチから30センチにあたります。すでに完売で公式ページはアクセス不可ですが、上のツイートにあるように、靴はReebokサイトの「メンズ クラシック」にカテゴリ分けされています。

ガッカリニュースを受け、米GizmodoがReebokに問い合わせたところ「小売り要求によりメンズサイズのみのリリースになった」と回答がありました。しかし、米Gizmodoの記事公開後に、Reebokから再び連絡があり「回答した者は担当者ではなかった」として、正式コメントが。いわく、USサイトでの表示カテゴリは間違い、Alien Stomperはユニセックス扱いであり、ユニセックスでよくあるサイズ展開、メンズの3.5から12(日本サイズの21.5センチから30センチ)があったといいます。しかし、今のところ、リーボックが言う小さいサイズの存在を米Gizmodoは確認できていないとのこと…。

日本でも販売されましたが、こちら前情報では23センチから30センチの取り扱いとなっていました。アメリカ国内だけの問題なのでしょうか。もし、本当にメンズサイズしか展開していなかったとしたら、Reebok担当者は、この靴の魅力を半減させてしまったと言えるでしょう。

どちらにせよ、426足という非常に少ない数。手に入らず、悔しい思いをしているファンは多いですよね。

source: Twitter

Germain Lussier - Gizmodo io9[原文

(そうこ)