見よ、これが真のホバーボードだ

見よ、これが真のホバーボードだ 1

かっこいい…でもこわい。

燃えたり廃棄されたりとなんだか散々な目にあっている、未来ガジェットだったはずの「ホバーボード」。でもそれはチープなタイヤ付きのモデルの話で、空を自由に飛び回る「真のホバーボード」を見ればそのイメージも変わることでしょう!

以前にも本格的なウォータージェットシステムを発表していたFranky Zapata氏が開発したこのホバーボード。ホバー(浮遊)というよりも、ものすごい勢いで空を飛び回っています。なんでも最高飛行高度は3km、最高スピードは時速約150kmで10分間の飛行が可能だというから驚きです。恐ろしく危険だという一点を除けば、本当にかっこよくて魅力的ですね!

このホバーボード、残念ながら可動原理などは明かされていません。なんらかのジェットエンジンを搭載しているようにも見えますが…。また機体の移動のコントロールは体のバランスでとっているようです。これ、乗りこなすのはかなり難しそうですよ。

このホバーボードの展示や市販化(無理か…?)の予定などは全く明かされていませんが、Zapata氏は「ミッション・ワン」を近日行なうとしています。

ロサンゼルス・五輪でジェットパックを背負ったロケットマンが会場に降り立った時には世界中を大いに驚かせましたが、今回のジェットパックもイベントなどで大いに活躍できそうですね!

source: Slash Gear

(塚本直樹)