IKEAが仮想現実でレイアウトを体験できるアプリを公開。オンラインショッピングの未来図になるかも

IKEAが仮想現実でレイアウトを体験できるアプリを公開。オンラインショッピングの未来図になるかも 1

このキッチン思ったより料理しづらい...がなくなる?

家具を買うのって難しいですよね。サイズを図って買っても、いざ部屋のレイアウトの一部に入れてみると思ったよりも大きく感じたり、小さく感じたり、色合いがなんだかしっくりこなかったりします。とにかく完成図を頭の中で想像するのが難しいんですよね。

しかしこれからはそんな失敗は減っていくかもしれません。なぜか? ヴァーチャル・リアリティ(VR)ですよ、みなさん。これからのショッピングはVRが舞台かもです。

そんな次の時代を感じさせてくれるサービスを開始したのが家具販売大手IKEA。VRを使ってキッチンのデザインや色などをレイアウトできるアプリを公開しました

HTC Vive」ヘッドセットを使って3つの異なるキッチンのセットアップを吟味することができ、また自ら細かいデザインを調整もできます。しかも身長190cmの大人の視点から見ることも、身長1mちょっとの子ども視点から見ることもできます。実際に子どもの視点でキッチンの中を移動することで、親としては「あ、ここの角危ない!」とか「ここは手が届かないな」といった理解が深まるわけです。料理人としてはキッチンの動線もすごく大事ですよね。それもVRの世界で気が済むまで吟味することができます。

IKEAの発表によるとこれはあくまでもテストアプリであって、利用者のフィードバックを集めることが目的のようです。現時点ではかなり基本的なセットアップにとどまっていますが、本格的に商品のラインアップが増えればかなり便利なサービスとなるのではないでしょうか。

オンラインショッピングのために、誰もがVR上に自分の家の3Dモデルを持つような日常がくるかもしれませんね。

image by IKEA

source: IKEA via Kotaku Australia

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)