インド国内で販売するスマホ・携帯電話すべてに「パニックボタン」導入義務化、女性の安全を守る!

インド国内で販売するスマホ・携帯電話すべてに「パニックボタン」導入義務化、女性の安全を守る! 1

スマホ・携帯電話が女性の味方に!

女性の安全を守るため、2017年からインド国内で販売される携帯電話端末には「パニックボタン」の導入が義務化されることになりました。従来の携帯電話(いわゆるガラケー)の場合は「5」または「9」を長押し、スマートフォンの場合は電源ボタンを3回連続して押すと、緊急コールとなります。また、2018年1月からは、すべての携帯電話端末にGPS機能の搭載も義務化される予定です。インドの通信担当大臣Ravi Shankar Prasad氏は、「テクノロジーは、人間の生活を豊かにするためのもの。女性の安全に使う以上にいい使い方はない」とコメント。

パニックボタンの導入義務化は、インド国内における女性暴行事件の多さが背景にあります。インドでのレイプ事件の多さは、深刻な社会問題。今回発表された法律は、AppleやSamsungなど大手も含む、インド国内で端末販売するすべての企業に適応されます。法案成立に向けては、昨年12月に携帯電話製造業社から承認を得ていました。

しかし、パニックボタンの導入ですべての女性の手助けになるとは限りません。インドは、ユーザー10億超えという世界最大のスマホ・携帯電話マーケットである一方、一部それに逆行するような場所も。昨年2月、インド西部の村では、勉強の妨げになるという理由で未成年の女性、未婚の女性がスマホ・携帯電話を所有することを禁じたケースもあります。バニックボタン導入を強く押し進めてきた、女性と子どもの発展を担当する大臣のManeka Gandhi氏は、法案成立はそれでも1歩前進だと語ります。今後、スマホ・携帯電話保持を禁止する村で、考え方を変えさせる1つの要素になってくれることを願います。

パニックボタンを導入せざるをえない社会背景には、心塞ぐ思いがします。しかし、一朝一夕では変化できないのが社会。ならば、テクノロジーによって防御にでるという政府の方針は、変化に向けた確かな1歩となるのでしょう。

source: Reuters , Bloomberg , The Trbune

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(そうこ)