iPhone 7sに有機EL搭載? サムスンがアップルに部品供給との報道

iPhone 7sに有機EL搭載? サムスンがアップルに部品供給との報道 1

画面は綺麗になるのかな?

以前に著名アナリストのミンチー・クオ氏が指摘していた、2017年の新型iPhone(通称:iPhone 7s)への有機ELディスプレイの採用。一方、韓国紙のKorea Heraldは一歩踏み込んで、2017年にはサムスンがアップルへの有機ELディスプレイの供給を開始するだろうと伝えています。

報道によれば、サムスンは2017年中に5.5インチの有機ELディスプレイを1億ユニット、アップルに納入します。この有機ELディスプレイですが、軽くて薄く、変形させることができます。これにより新型iPhoneをより薄くしたり、さらには曲面ディスプレイを実現することも可能です。2017年の新型iPhoneは曲面ディスプレイ搭載モデルの登場も噂されているので、それが事実なら有機ELディスプレイの採用は必須でしょう。

以前には日本経済新聞によっても報じられた、新型iPhoneへの有機ELディスプレイの搭載。部品の供給元としてはサムスンだけでなく、LGやAUO、それにジャパンディスプレイなどの名前もあがっています。これらのメーカーにとってアップルの方針転換は大きなビジネスチャンスですが、シャープなどの液晶ディスプレイを供給しているメーカーにとっては逆風になりそうです。

iPhone 4風への大幅なデザイン変更される2017年の新型iPhoneですが、そうすると今年登場するであろうiPhone 7の変更点も気になりますね。一部ではヘッドホン端子が廃止されるとも噂されていますが、それも2017年の新型iPhoneへのワンステップに過ぎないのでしょうか?

source: MacRumors

(塚本直樹)