検証:プリキュアの口癖だけで会話は成立するのか?

プリキュアの口癖だけで会話は成立するのか?

キュアップ・ラパパ!

映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!」が公開されましたが、今やプリキュアも44人

人数すなわち可能性なので、これだけいればいろいろとできそうですが、果たしてプリキュアの口癖だけで会話はできるのでしょうか?

歴代プリキュアの主人公格には、それぞれの人となりを表す口癖があります。なぎさの「ぶっちゃけありえな~い!」、みゆきの「ウルトラハッピー」などがそうです。

それらを使って会話はできるのか、思考実験をしてみましょう。

■条件

・使用していいのは口癖のみ

・口癖であればプリキュア状態かどうか、主人公かどうかは問わない

・少しくらいの助詞ならOK

あまりにも無理やりな場合、助詞で緩和することは許可してみます。決めゼリフなどは明らかに変になりそうですからね。

それでは、実験開始。

■ケース1:映画館にて

A「今日見た映画、すごく面白かったね」

B「ステキすぎる~!」(Go!プリンセスプリキュア:春野はるか)

A「やっぱり映画館に見に来て良かったよ」

B「ウルトラハッピーだったね!」(スマイルプリキュア!:星空みゆき)

A「EDのダンスシーンは3DCGがめちゃかわいかったし」

B「今、ダンスシーンって言いました!?」(魔法つかいプリキュア!:朝日奈みらい)

A「え、うん」

B「かわいさ満開だよ!」(ゴープリ:春野はるか)

A「かわいかったね。あ、でもバトルシーンもすごく動いてたね」

B「ワクワクもんだぁ!」(まほプリ:朝日奈みらい)

A「だよね~」

■ケース2:レストランにて

A「何食べる?」

B「日替わりランチにするぞ~、けって~い!」(Yes!プリキュア5:夢原のぞみ)

A「じゃあ私も同じやつで」

B「ぶっちゃけありえな~い!」(ふたりはプリキュア マックスハート:美墨なぎさ)

A「え、そう? じゃあどれにしよう……」

B「つみたてフレッシュ!」(フレッシュプリキュア!:キュアベリー)

A「この、季節のフレッシュランチにしろって?」

B「Yes!」(プリキュア5)

A「うーん、まぁいろいろ頼んだ方が楽しめるか。すいませーん」

A「あ、料理来たよ」

B「気合いのレシピ、みせてあげるわ!」(スイートプリキュア:南野奏)

A「あんたが作ったんじゃないでしょ。うーん、おいしそう~」

B「ハピネス……注入ッ! ぱくっ」(ハピネスチャージプリキュア!)

A「どう?」

B「……これはもう、道」(スマイルプリキュア!:青木れいか)

A「え?」

A「キュンキュンだよ~♪」(ドキドキ!プリキュア:相田マナ)

B「あぁ、そういう……」

■ケース3:ゲームセンターにて

A「エアホッケーでもしよっか」

B「勇気リンリン、直球勝負!」(スマプリ:キュアマーチ)

A「負けないぞ~」

B「ここで決めなきゃ、女がすたる!」(スイート:北条響)

A「しまった! あー負けたかぁ」

B「絶好調なり~」(ふたりはプリキュア スプラッシュスター:日向咲)

A「でもさっき格ゲーでは勝ったけどね」

B「絶不調なり~……」(スプラッシュスター:日向咲)

A「じゃあ最後にクレーンでもやって帰ろうか」

B「精いっぱいがんばるわ」(フレッシュ:東せつな)

A「じゃあ私見てるね」

ゴトン

B「あたし完璧!」(フレッシュ:蒼乃美希)

A「すごーい、一発じゃん! もしかして得意だったりする?」

B「そんなこと…あるけど!」(ハピネス:白雪ひめ)

A「じゃああっちのクレーンもよろしく」

B「わたし、堪忍袋の緒が切れました!(ハートキャッチプリキュア!:花咲つぼみ)

■まとめ

結果的にわりとイケることが判明しました。特に「そんなこと……あるけど!」と「今、○○って言いました!?」は使い勝手がいいので、普段の会話にも活用できるかもしれません。

Top image by Teruchan via DEVIANTART

source: 映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!

ヤマダユウス型