iTunesから熊本とエクアドルに力を。国際赤十字とアップルが募金プログラム開始

iTunesから熊本とエクアドルに力を。国際赤十字とアップルが募金プログラム開始 1

募金に場所は関係ない。

4月14日に発生した平成28年熊本地震。またその直後にはエクアドルでもマグニチュード7.8の地震が発生し、500人以上の死者が出ています。そんな熊本とエクアドルの両被災地を支援すべく、アップルが国際赤十字・赤新月社連盟と連携して、iTunesストアとAppストアからの募金プログラム立ち上げました。

この募金プログラムは国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)を通じて募金することができます。IFRCはいわば各国赤十字社の国際的な連合体。募金できる額は500円、1,000円、2,500円、5,000円、1万円、2万円まで幅広く選択が可能です。

なお日本では、日本赤十字社が銀行振込や郵便振替、コンビニエンスストア端末などを通じて義援金を募っています。日本赤十字社本社に問い合わせたところ、日本からの募金の場合は海外の赤十字社を通すよりも日本赤十字社を利用した場合の方が早く現地に届く可能性があるとのことでした。

募金の手段は色々ありますが、被災地の復興が少しでも早く進むことを願っています。

source: MacRumors

(塚本直樹)