50年代から現代までのロックの歴史を5分間で振り返る(65曲入り)

ロックンロール 歴史 65曲

ビル・ヘイリーからミューズまで、サビの1フレーズで駆け抜けます。

1950年代に登場したロック。2016年の現在においても新しいバンドや楽曲がどんどん生み出され、ハードロックヘヴィメタルなどなど、細かいジャンルへと派生し続けています。

今回は、そんなロックの名曲のサビの部分のみをつなげて歌い、約60年の歴史を振り返る動画をご紹介します。レッツ・ロック!

こちらはTen Second Songsがボーカル学校の恩師ケン・タンプリンさんと、彼の生徒でチェコ共和国出身の美女ギャブリエル・グチコーヴァさんにコーラスをお願いして制作したもの。

曲調やサウンドから歴史が感じられます。

たとえば、いわゆる 「ロックンロール」なビル・ヘイリーエルヴィス・プレスリーに始まり、ハーロドックの元祖レッド・ツェッペリンディープ・パープル、そしてヘヴィメタルの始祖ブラック・サバスも登場。

70年代からじょじょに曲が複雑かつ多様になっていき、90年代でグランジが出現します。その後、2010年代に入っても確実に過去から続くロックの血脈は受け継がれている印象です。

今回の動画はほぼ歌がメインですが、アイアン・メイデン「ラン・トゥ・ザ・ヒルズ」の演奏時にギターをベースへ持ち替えて、スティーヴ・ハリス弾きをしているのがナイス!

今度はロックの中でも、さらに細かいジャンルごとに歴史を振り返ってもらいたいですね。

source: YouTube

岡本玄介