キックスターターで12億円集めて絶賛の嵐→「品物が届かない」と怒号の嵐

キックスターターで12億円集めて絶賛の嵐→「品物が届かない」と怒号の嵐 1

最初がよかった分、末路は悲惨…

大ヒットの予感と騒がれ、約12億円のクラウドファンディング史上最高調達額を記録し、2014年ベスト発明とまで言われた「Coolest」が、大コケの予感です。

「Coolest」はブレンダー、LEDライト、Bluetoothスピーカー、充電用USBポートなど、飲み物を冷やす本来の用途とはまったく関係ない機能を盛り込んだだけのクーラーボックスです。紹介ビデオが面白かったこともあり、なぜか大勢の人が買う気になり、とんでもない額の出資が集まりました。そこで終わればみんなハッピーだったんですが、話がおかしくなってきたのはそのあとです。

まず当初予定では2015年2月出荷の約束だったのに、設計・製造の問題が山積みで、ずるずる出荷が先延ばしとなりました。2015年7月にやっと配送が始まったと思ったら3分の1ぐらい配った辺りで、ブレンダー用モーター製造工場でストライキが起こって11月製造中止に…。

キックスターターで集めた出資は1人平均200ドル(約21,900円)だったんですが、よくよく計算してみたらその値段では原価割れなことが判明し、売れば売るほど赤字で、製造を続ける資金にも事欠く状況に…。

それでもあきらめきれないCoolestは、でき上がったユニットだけでも黒字が出る値段でさばこうと考え、アマゾンで400ドル(約43,700円)で売り出します。

当然、まだ製品を手にしてない残り3分の2の出資者はカンカン。「一般リリースの前に届けてくれる約束じゃなかったのかよ!」とアマゾンのレビュー欄に殺到し、400ドルのCoolestは星1個のブラックホールの彼方へと埋もれてゆきました―。

***

時は流れて2016年4月。製造停止になったとき「2016年4月に届けるぞ~」と言ってたXデー。ああ、これでやっと長かった出資者とCoolestのバトルにも終止符が打たれるのか…と思ったら、なんと製品が届くどころか、「97ドル(約10,600円)払った人には7月までに届けます!」というわけのわからないメールが届き、出資者たちは怒り心頭です。もし払わなければどうなるのか? クーラーボックスが届くのはずっと先になるようですよ? 会社が潰れなければね…。

いや~何から何までキックスターターの失敗テンプレを絵に描いたような失敗劇です。見事過ぎるとしか言いようがありません。

1)デザイナーが原価以上のものを見せ、その値段で買えるとPRし、出資を集る

2)プロモーションビデオだけは立派に作りこまれている

3)何億円という金が集まる

4)金の規模に人とモノが追いつくわけもなく、製造で頓挫

5)よく計算してみたら原価割れ

6)「いつになったら届くんだ…」と出資者が怒り出す

まさにこれと似たようなことが今、訳者の身にも降りかかっていますよ。「汚れと一緒に固定観念も吹き飛ばす」、「洗濯を劇的に変化させる最新洗濯機たち」で紹介されたDolfi。ジョギング後の小洗いに欲しいなと思ってIndiegogoで出資したんですが…未だに届いてません。

なんでこんなに遅れてるのかと思って今、公式ツイッターフェイスブックを見てみたらDolfiの話じゃなくてDolfinの話ばかりでした。出資募集サイトのコメント欄には怒りのコメントが殺到してます。「不良率が高くてまだ出荷できない」って説明してますけどね…。もう返金にも応じてくれないようだし、穴に1万円捨てたと思うしかないのか…。

教訓: キックスターターの出資は予約注文ではありません。飽くまでもアイディアに出資するという趣旨なので、「男2人で6万台も作れるわけないよね」と思ったら、たぶんその勘は当たってます。市販を待ってから買っても遅くないですよ。

source: KickstarterMotherboard

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(satomi)