話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた

Sponsored

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 1

音楽はもう、聴き放題が当たり前の時代になりました。

数年前から様々な音楽のサブスクリプションサービスが登場し、世はまさに聴き放題戦国時代!

…とはいっても、複数のサービスに登録するのも現実的ではないですし、たくさんあるサービスの中から自分にぴったりのものを1つ見つけたいところですよね。

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 2

そんなことを考えていたら、数ある音楽サブスクリプションの中でも、特に独自性の高いサービスを行なっているKKBOXがイイ!との噂…。

えっ、「独自性」が何なのか気になる…ですか? それではせっかくなので、同じように音楽サブスクリプションに興味津々のギズモード編集部員と一緒に考えてみましょう。ちょうど、2人の編集部員がKKBOXについて話しているようですよ。

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 3

宮原「音楽サブスクリプションで何かいいサービスはないかなぁと探してたら、KKBOXっていうのを教えてもらったんだ」

吉岡「KKBOXか、どんなサービスなのかな」

宮原「何でも他の音楽サブスクリプションサービスにはない、独自の機能がたくさんあるらしいんだよ」

吉岡「ていうか、その前に素朴な疑問なんだけど、KKBOXのKKってなんなの?」

宮原「…え?」

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 4

吉岡「BOXはわかるよ。でもKKなんて単語ないでしょ。ってことはこれ、何かの頭文字でしょ? つまり、KKがKKBOXの特徴を表しているんじゃないかな…!

宮原「冴えてるね! じゃあKKが何の略称なのか考えてみよう」

KKBOXは4000曲をスマホに保存可能!

吉岡「ふふ、僕はもうわかったよ。カンタンカンタン。『キュートで』『クールな』音楽が聴ける魔法の箱ってことでKKBOXだね!」

宮原「…」

吉岡「えっ、何? すごく綺麗に正解を出したから驚いたの?」

宮原「すごく綺麗にKとCを間違ってきたからびっくりしたの! キュートもクールも頭文字はKじゃなくてCだから! それだとCCBOXになるから! ロマンティックが止まらなくなるから!」

吉岡「いきなり怒涛のようなツッコミをするね」

宮原「そっちがさせてるんでしょーが!」

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 5

吉岡「うーん…じゃあこっちだ。『かなり』『キャッシュ』!」

宮原「…(あれ、キャッシュのスペルもたしか…)」

Kache? Cache? …この際スペルの問題はさておき、KKBOXのすごいところは、聞いた音源が自動的にキャッシュされ、4000曲までスマホやタブレットに保存しておけること。この4000曲は飛行機や海外などオフラインの状態でも聴けるんです。

吉岡「電波が関係ないのはいいね。案外、KKは『海底でも』『聴ける』って意味なのかも!」

宮原「まず海底に行く機会がないけどね!」

吉岡「じゃあ逆に『雲の上でも』『聴ける』でどう? 機上って意味とクラウドサービスって意味と、二つの意味で雲の上」

宮原「いやだからクラウドのスペルは……あーもうそれでいいや!」

4000曲もあったら、ぜんぶ聞く前にヨーロッパにだって着いちゃいますね。こんなに曲数が多いと、お目当ての曲を選んで聴きにくいんじゃ…なんて心配もご無用。Wi-Fiを使ってプレイリストを作ることもできるんです。

もちろんキャッシュされた曲を聴く分にはデータ通信も発生しませんから、サブスクリプションサービスで一番怖い"データ転送量オーバーによる通信速度制限"をそれほど心配しなくていいのは嬉しいですね。ちなみに4000曲を超えて再生された場合、古いキャッシュから自動的に削除されていく仕組みになっています。

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 6

宮原「4000曲はすごいね」

吉岡「オフラインでこれだけ聴けると、圏外でも一人だけLTEがつながってるフリができるね」

宮原「そのフリ、する意味ある!? …そういえばKKBOXで聴ける曲の総数ってどれくらいなんだろう」

吉岡「およそ2000万曲だってさ」

宮原「に、にせん、まん…!?」

吉岡「永遠に楽しめるよね」

KKBOXはカラオケの練習もできる!

宮原「KKって他にも意味があるみたいだよ」

吉岡「んーっと…ひたすら『吉川』『晃司』が流れる魔法の箱でKKBOX?」

宮原「嫌だよそんなサービス! いや、吉川晃司は僕も好きだけど、2000万曲ぜんぶ吉川晃司はちょっと…」

吉岡「吉川晃司も捨てがたいけど、それじゃあ『カラオケも』『可能』でどう?」

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 7

カラオケ?と思うかもしれませんが、実はKKBOXにはカラオケに役立つ歌詞表示機能がついているんです。

音楽を再生すると画面に歌詞が表示され、音楽が進むと今歌っている部分の歌詞がハイライトされます。逆に歌詞の方をタッチすると、音楽をそこまで飛ばして再生することも可能。Aメロばっかり、あるいはサビばっかり練習することもできるため、カラオケの練習にももってこいですよ。

吉岡「いや~すごいよなぁ。これってある意味、未来の『歌詞』『カード』じゃない?」

宮原「そこで分けてKKにするんだ!? いや、機能としては合ってるけど」

吉岡「んー…じゃあ『カラオケ』『館』

宮原「もっと分けちゃいけない単語だよそれ!」

KKBOXで自分のスマホがカラオケルームに早変わり! せっかくなので音楽系のアプリやガジェットと組み合わせてもよさそう。

宮原「スマホをスピーカーにつないでマイク代わりに使えるアプリなんかと一緒に使うと、さらにカラオケっぽくなって面白いかも」

吉岡「じゃあ点数は僕がつけるね」

宮原「ここまでテクノロジーを駆使しといて、そこは主観なのか…」

友だちや著名人とチャットしながら一緒に同じ曲を楽しめる!

宮原「いろんなKKがあったけど、もう1つ大事なKKがあるみたいだよ」

吉岡「『気まぐれに』『機能が増える』とか?」

宮原「機能が増えるのは嬉しいけど、ちゃんと考えて増やして! 思いつきで増やすのはやめて!」

吉岡「うーん…ヒント! ヒントちょうだい!」

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 8

宮原「えっとね、サブスクリプションって普通、1人で聴くものでしょ?」

吉岡「仕組み的にそれしかありえないよね」

宮原「でもKKBOXは友だちや著名人と一緒にリアルタイムで音楽を聴くことができるんだよ!」

吉岡「へー! つまり、『君と』『聴ける』ってこと?」

宮原「珍しくうまいことまとめてきた!」

吉岡「『母さんとも』『聴けちゃう』

宮原「なんで急にお母さん出てきた!? そりゃ聴けるけども!」

吉岡「『恋人とは』『聴けない』」

宮原「なんでだよ! 聴けるよ!」

吉岡「『彼女とも』『聴けない』…」

宮原「聴けるってば!」

吉岡「いないから…」

宮原「聴け…! …そ、そう…うん…そっか…」

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 9

KKBOXの特徴その3はListen with機能。友だちや著名人がオンライン状態になっていれば、リアルタイムにチャットをしながらプレイリストを共有して音楽を聴くことができるんです。著名人はいつごろオンラインになるのかがあらかじめ予告されているので、チェックしておきましょう(執筆時点では片平里菜、井上苑子、カメレオ、livetune+、NICO Touches the Wallsなどが発表されています)。

吉岡「へ〜『片平里菜とも』『からめる』のか。それってすごいじゃん!」

宮原「たしかにすごいんだけど、そこが略称になると片平里菜の公式アプリみたいになるから!」

有名アーティストが自分のプレイリストを公開し、ファンと一緒に聴くなどのイベントも頻繁に行なわれていますよ。好きなアーティストと音楽でつながれてチャットまでできるって、もう最っっっ高じゃないですか!

吉岡「友だちと同じプレイリストを共有できるなら、イントロドンクイズで遊べるんじゃない?」

宮原「あー面白いかも!」

吉岡「音楽を死ぬほど聴きたい人にとっては、まさに『期待値』『神レベル』のサービスってことだね」

宮原「お、うまいこと言うね。ほんと、いろんな音楽の楽しみ方ができそうでワクワクするよね」

吉岡「最初の1ヶ月は無料だから、まずはものはためしで始めてみてもよさそう。一度使い始めたら機能が魅力的すぎて、『きっと』『課金』して使い続けたくなるはず!」

宮原「最後の最後で生々しいKKの解釈きちゃったよ!」

話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた 10

さあ、結局「KK」が何なのかはわかりませんでしたが、KKBOXは月額980円のサブスクリプションサービス。登録後、1カ月は無料で使えるので、気になる方はダウンロードしてみてはいかが? 「KK」がわかるかも。

source: KKBOX

(山田井ユウキ)