ついにネッシー発見…?と思ったら映画のセットでした

ついにネッシー発見…?と思ったら映画のセットでした 1

みんなで楽しんでる感じ。

もはやカッパや天狗のレベルで伝説化しつつある、ネス湖のネッシー。この度、そのネス湖から「首の長い生き物のような物体」が発見され、これはいよいよかと思ったり思わなかったりしていたら、案の定、映画のセットだったとのこと。

スコットランド観光協会が発表したところによると、その物体は、1970年に公開された「シャーロック・ホームズの冒険」という映画に登場した模型。どうやら、片付けられることなく湖中に取り残されていたそうです。

今回、ネス湖の調査を行なったのは、ノルウェーのKongsberg Maritimeという石油会社。スコットランド観光協会と共同で、ネス湖の正確な地形を調査した際に撮影された画像が冒頭のもの。これならたしかにネッシー発見! って興奮するのもわかります。

「残念ながらこれは本物のネッシーではありません」とBBCに話したのは、数十年に渡りネス湖を科学的に調査しているAdrian Shine氏。今年のはじめ頃には、ネス湖に新たな巨大クレバスが発見されたことで、いよいよネッシー実在説も盛り上がっていたのですがね…。

今回は残念でしたが、しかしまだ「ネッシーはいない」と証明されたわけではありませんよ。スコットランド観光協会の担当者は、「今回発見されたのは、たしかに映画のセットかもしれません。しかしネス湖にはまだまだ解明されていない神秘的な謎が多くあるのです」と語っています。

真相はともかく、常にミステリアスな話題を提供してくれるネス湖。今後も要注目ですね。

image by YouTube、 VisitScotland

source: CNBCBBCVisitScotland 

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)